ローソク足の組合せ2

前のページに続いて複数のローソク足の組合せを説明していきます。

ローソク足による分析が必ずしも信頼性が高いとは言い切れない面もありますが、組み合わせるローソク足が多ければ多いほど信頼性が増すのもまた事実なので、ここでしっかりと覚えていって下さい。

ただ、いきなりこれを見せられても中々覚えるのは難しいと思うので、実際のチャートに当てはめながら時間をかけて覚えるのがベター。

たすき線 「たすき線」とは前日に陰線を付けた翌日高寄りして前日高値を超えて引けた場合や、前日陽線を付けた翌日安寄りし、前日安値を割り込んで引けた場合を指します。

下落途中での陰線後の陽線は上昇転換ではなく売りのサインである場合が多いのだが、上昇転換と勘違いしやすい。

振り分け線 「振り分け線」とは出会い線とは逆のパターンで、前日始値と当日始値がほぼ同じ値から逆方向に動いたもの。

上昇トレンド中の「陰線→陽線」は買い、下降トレンド中の「陽線→陰線」は売りと判断される場合が多いようです。


つつみ線 「つつみ線」とは前日の陽線を当日の陰線で、または前日の陰線を当日の陽線で完全に包んでしまう形の事。

高値圏で陰線が陽線を包んでしまうと下落へのサイン、安値圏で陽線が陰線を包むと底打ちのサインと言われています。

はらみ線 「はらみ線」は前日の陰陽線に当日の陰陽線がすっぽり入ってしまう形で上記のつつみ線と逆のパターンです。

左の陽線に入ってしまう形は天井のサインで下落へのサイン、右の陽線に入ってしまう形は底打ちサインで上昇へのサインとされています。

毛抜き天井 「毛抜き天井」とは前日高値と当日高値がほぼ同じ場合を指し、高値圏で出ると天井のシグナルで売りのサインと言われています。

特に左の双方「陽の丸坊主」の場合は注意が必要。


毛抜き底 「毛抜き底」は上記毛抜き天井の逆で、前日安値と当日安値がほぼ同じ場合で、底値のサインである場合が多いようです。

前日安値を割らなかった底堅さから上昇に転じるシグナルである可能性が高い。

ここまでザッとローソク足の形について触れてきましたが、これらは一部に過ぎません。
さらなるローソク足の形についてはまた後日アップしたいと思います。

では次のページでローソク足のまとめを書いておきます。

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス