IPOなどで見聞きするストックオプションとは


  新規公開株(IPO)で重要な意味を持つ

株式投資はハイリスクハイリターンの投資であるため大きな損失を恐れて二の足を踏んでいる人も多いと思いますが、新規公開株(IPO)はリスクが少なく参加している人も多いでしょう。そんなIPOでよく見聞きするのがストックオプション。

IPOのサイトや雑誌なのでは必ず載っているこのストックオプションですが、よく意味が分からないまま抽選に応募している人も多いのではないでしょうか?

確かにストックオプションのことをよく知らなくても各社の予想などを見れば上がりそうな銘柄の判別は付くものの、IPOを、ひいては株式投資をより深く知るためにもストックオプションについて勉強してみましょう。

  ストックオプションとは

IPOなどで一般的に使われるストックオプションとは企業の役員や社員といった従業員が自分の会社の株を買うことができる権利のことを指します。

いわゆる自社株買いにも近いものがありますが、一般的な自社株買いは企業が自社の株を買い株式を消滅させることで1株当たりの利益を増やし株主に還元するのに対し、ストックオプションは社員への報酬、ボーナス的な意味合いが強いのが特徴。

社員や役員が自社株購入の権利を取得したとしてもストックオプションを行使できる期間というのは決まっていて、多くの場合「〇年後の△月〜〇年の□月まで」といった感じに。

また期間と共に買取額や株数も決まっており、例えば「2018年10月1日〜2025年9月30日までの間に1株1,000円で10,000株買える」といったようにあらかじめ決められています。

企業は社員のストックオプション行使に際し株式市場から株を買い入れるか、もしくは新株を発行することになります。

  ストックオプションのメリットデメリット

ストックオプションは企業側、社員側にとって様々なメリットがある一方でデメリットも存在し、代表的なものを挙げると以下のようになります。

■ストックオプションのメリット

  • ■企業は現金を用意する必要がない
  • ■株価が上がれば社員の報酬が増えることになり士気の向上が見込める
  • ■優秀な社員を繋ぎとめておくことができる
  • ■社員や役員としては自分たちの頑張りが報酬に直結するためやりがいになる

ストックオプション最大のメリットは企業の価値を上げること…すなわち仕事面で業績を上げることが社員の報酬に直結するという点で、企業価値を高め社員に還元する・されるという目標を企業・社員と共有できます。

「安定した給料さえもらえればいい」という人間が増えている昨今、このメリットが会社側にとっていかに大きいかは語るまでもありません。

■ストックオプションのデメリット

  • ■ストックオプション行使後に人材が流出してしまう可能性がある
  • ■新株を発行する場合株式の希薄化で既存の株主に不利益が生じる
  • ■株価が下がると士気の低下に繋がる

ストックオプションにはデメリットも存在します。

株価は業績が良いからといって必ずしも上昇するとは限らず、世界経済や情勢によっては大きく下落することも十分考えられ、仮に行使価格を下回るようなことがあると社員にとってストックオプションは意味のないものになってしまい士気の低下に繋がります。

なぜならストックオプションはあくまでも「○○円で自社株を買える」という権利であって株式を貰えるわけではないため、株価が行使価格を下回ってしまえば権利を行使すると損をすることになるからです。

一般的にはその時の市場価格より安く設定されますが、株価は水物なので将来どうなるか分からない…というのは大きなデメリットでもあります。

  IPOにおけるストックオプション

さて、ストックオプションがどういったものか大体分かっていただけたところで本題のIPOでのストックオプションの意味について触れていきます。

IPOにおいてストックオプションの情報が載っている場合、以下のような感じで掲載されていると思います。

IPOにおけるストックオプションの例

仮にこの銘柄の上場が2016年10月30日に行われるとすると上の2つのストックオプションは行使期間に入っていることになります。多くの場合ストックオプションを行使した社員は売却し差益を得ようとしますから、計28,000株が新規上場時の売り圧力になる可能性が考えられるのです。

また上から3段目のストックオプションも上場から約2ヶ月後には行使期間に入り、所有を続ければそのころには35,200株の中の大半が売りに出される可能性を示唆することに。

場合によっては公募価格が1株数千円なのに対し初期のストックオプションでは行使価格が数十円なんて場合もあり、差益の大きさ、IPOは初値が高くなる傾向などから大きな売り圧力になることが予想されるのです。

  IPOでストックオプションが足かせになる例

では実際にストックオプションがIPOの初値形成において大きな影響を与える例について少し触れてみましょう。

これは私が以前SBI証券で400株当選するも危険な香りがしたため辞退したものを例に取ります。その銘柄は2016年10月27日上場のアイモバイルという企業です。

ストックオプションがIPOの足かせに

この株は公募株式総数5,550,000株という大型案件で公募価格は1,320円。

それに対してストックオプションを見てみると…

アイモバイルのストックオプション

なんと4円で行使できるストックオプションが2,880,000株もあり、しかも行使期間に入っている。

皆さんがアイモバイルの社員だったとして、1株4円で買える株が1,320円で上場するということになったらどうしますか?仮に10,000株行使できたとすれば4万円が1320万円に化けるのですから即行使して速攻売りますよね

こんな爆弾が公募株式数5,550,000株に対して2,880,000株あるのですから常識的に考えて初値が上がらない言うまでもありません。

ちなみにこのアイモバイルの株価がどうなったかも見てみます?

アイモバイルの株価推移

これを書いている現在は上場から2ヶ月ほどしかたっていませんが、上場初日に高値1,297円を付けてからは見てのとおりの推移。つまり一度も公募価格を上回っていないことになります。

迷ったけど辞退して良かった…心底良かった…

  ストックオプションのまとめ

以上、ストックオプションを簡単に説明してみましたがいかがだったでしょうか。

ストックオプションは企業や従業員にとっては色々とメリットがあり、また企業価値を高めようという機運は株主にとってもプラスになりますが、IPOに限って言えばデメリットがほとんどです。

IPOの初値形成や上場後の値動きに対しストックオプションは無視できない要素ですので、新規公開株の銘柄選定の際には必ずチェックするようにして下さい。

そして、ストックオプションが積み上がっている銘柄に当選してしまった場合は私のように辞退するという選択肢も視野に入れるようにしましょう。

最後に、IPOの当選を考えるなら取扱数が多く。、また資金がものをいうSBI証券と違い完全抽選のマネックス証券への口座開設は忘れないようにして下さい。私は2016年マネックス証券でJR九州が当選し5万円の利益が出ました。

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス