勝手に相場観


2011.05.27  つゆだく注意!

今日の日経平均は前日比40円安の9,521円。

後場にはプラスに転じる場面もあったが、結局売りに押されてあっさり反落。
昨日のNYダウが下落から上昇に転じ、最終的に8ドル高で引けたが、日経平均は追随できず。

気になるのはドル円が再び円高に振れている事。
昨日今日で81円を挟んだ動きになっているのだが、今日フィッチという格付け会社が日本の格付けを「安定的」から「ネガティブ」に格下げしたにも関わらず…だ。

もしかしたらアメリカで金融引き締めなり強い指標連発でもない限り円安に向かう事はないのかもしれない。
さてそうなると、どんな株を買うのがいいかな〜。

円高の影響をあまり受けず、なおかつ比較的安定した経営をしており、できれば震災の復興、復旧に関わってくるような会社がいいのだろうが…やっぱり建築関係?
う〜ん、もうずいぶん物色されてるけどね。

まあ素人考えだと内需関連になるのかもしれないが、所詮そこは素人考え。
私クラスになるとそんな事は気にせず「輸出関連ずいぶん安くなってるじゃ〜ん」「買い時じゃな〜い?」とか言ってつい買ってみたりするプロ仕様。

そして結果、目から色んな汁がノンストップな訳だが、やはり株はテクニカルなりファンダメンタルズなり、自分なりの裏づけをしっかり持って取引しないといけない。
だからといってあまり時間かけて調べていては買い時を逃してしまうが、直感で買って勝てるほど甘いものでもなく、スピードと裏づけのバランスが重要になってくる。

まあ私のように汁出したいなら別だが…

今の不安定な相場を見ていると無理に取引せず方向性が定まるまで待っていたほうが良いようにも感じる。
いわゆる「休むも相場」である。

今の東証1部全銘柄の平均PBRはちょうど1倍付近らしく割安感は確かにあるが、個人的にはアメリカの動きをもう少し見極めたいし、円高の影響、原発の影響など不確定要素が多すぎる感は否めない。

それでも今買うならある程度長期も覚悟して資金の一部で現物を少な目の単元で買うだろう。

もちろん銘柄を吟味するのは言うまでもないし、汁は少なめでお願いします。

関連記事



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス