勝手に相場観


2011.06.25  相場を占うぞ!

ああ、市場の動いていない週末になると、なんかホッとしますね。
なんだかんだ言って投資のストレスってやっぱり大きいわ〜。

さて、休日気分とはいえ金曜日の動向と来週の展望でも行ってみますか。

日経平均 NYダウ 6月23日

今日はなんとなく本格的っぽい感じで金曜日の取引終了後の日経平均株価とNYダウのチャートをカッパラッ…お借りしてきましたよ〜。
移動平均線は緑が5日で赤が25日です。

ここ3日、日経平均とNYダウは対照的な動きをしておりますが、金曜の日経平均は前日木曜日のNYが下げたにも関わらず81円高とシッカリだったのに対し、その夜のNYダウは115ドルの大幅続落となり、来週月曜日の日経平均はどういう動きをするか注目です。

チャートの形で見ると日経平均はここ3ヶ月、見事なまでのボックス相場で、3日前に窓を開けて25日移動平均線を上抜いてからいい感じに上がっている。

対するNYダウは、形としては下降トレンドに入っており、しかも3日前に25日移動平均線の上抜きを試したものの見事に弾き返され、そこから続落続落となっている。

で、来週の予想をこの2つの動きから読み取ろうとすると…おそらく月曜は弱い…と思う。

日経平均はそれなりに勢いがあるのだがNYダウがかなり弱く、ここ2日の流れが…

・木曜NYダウ59ドル安

・金曜日経平均81円高

・金曜NYダウ115ドル安

…と来ている。
木曜日のNYが弱かったのに金曜の日経平均がシッカリだったのは、NYダウよりインパクトのある別の要因、もしくは先高の期待があったからだと思いますが、その夜のNYではさらに大幅続落だったので、普通に考えれば月曜の日経は100円以上下げても何ら不思議は無い。

原油相場も91ドル台まで下げてきており、為替もユーロが弱い。
チャートの動きから見ても強気になる要因は特に見当たらず、何か好材料が出てきそうな気配も特に無い。
おそらく、近々窓を埋めに来る展開になると思う。

これから注意したいのは、やはりNYダウの動きです。
また上のチャートに戻りますが、NYダウの7、8営業日前の安値あたりが抵抗線であり目安。
木曜日もちょうどその辺まで下ヒゲが伸びており、一旦そこら辺まで下げた後急速に値を戻しました。

ここを終値で下回ってくるようだと下降トレンドは継続され、より強固な形になってくるでしょう。

よしよし、今日は何となくタメになる事書いた…気がする…

関連記事



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス