勝手に相場観


2011.06.29  見え隠れする原発利権

今日の日経平均株価は前日比148円高の9,797円。

前日NYダウが145ドル高の大幅続伸し、為替もハッキリ円安傾向に傾いているので安心感が広がったようです。
渦中のギリシャも楽観的な見方が広がっており、株高の流れが続くか注目です。

さて、昨日のNYダウ、今日の日経平均の大幅な上げでチャート的に面白くなってきました。
一目均衡表で見る日経平均は今日の上げで雲を突き抜け、形的には上昇相場に入ってもおかしくない感じになっております。

そして、日経平均にも多大な影響を与えるNYダウですが、こちらも昨日の大幅上昇で25日移動平均線を上抜き、上昇に弾みがつく可能性があります。
ただ一目均衡表で見ると、ちょうど雲の真下付近に位置しているので、ここが抵抗線にならなければいいのですが…

為替に目を向けると、ここ2、3日でずいぶん円安に振れてきました。
7月にユーロが利上げされそうな気配もありますし、原油相場も再び上昇しており、かつ株高ですから、世界的にリスク志向が高まってきているのかな?

ま、本音を言うと、株高、円安は良いが、原油高は勘弁願いたい。
身の回りのものが値上げされるのも困るが、中東の無能共がほくそ笑んでいる様子が目に浮かび胸糞悪くなる…

…などと私はこれっぽっちも思っていませんし、色々マンセ〜♪

…マンセ〜とかほざく連中も胸糞悪いな…

さて、気を取り直して東京電力関連の話でもしましょうか。
昨日東京電力の株主総会が開かれ、過去最多の3倍に上る株主が集まったそうです。
まあ株価が10分の1とか、原発問題とかを考えれば当然かもしれませんが、私が一番注目したのは「原発撤退」の株主提案です。

この議決の結果が「賛成8%」「反対89%」ですって。
国民のアンケート調査だと「即座に廃止するべき」という意見は確かに少数派で、「徐々に減らしていくべき」という意見が多いようですが、さすがに賛成8%というのは驚きました。

なんでも議決権の6割超を法人株主が握っており、その大半が反対したらしいですが…なんか裏に色々黒いものが見え隠れしますね。

原発を即座に廃止するというのは様々な問題から現実的ではないと私自身も考えますが、これだけ圧倒的多数の反対というのはちょっと違和感を覚えます。
なんか「議論の余地すらない」と暗に言われているようで…


原発関連といえば、原子力安全保安院のハゲ…じゃなくて、西山審議官が更迭されましたね。
女性問題がどうたらこうたら…

で、会見でこの人謝罪してたけど…

とりあえず社会常識として「最後くらい、その髪の毛型帽子を取って謝罪しろ!」と言いたいね。

関連記事



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス