勝手に相場観


2011.11.08  年収減少と増税

株価よわ〜…

なんかもう言い飽きた感のある言葉ですが、言わずにはいられない。
ダウは再び12000ドルを回復したのになんでここまで日経平均は弱いんだか…

もちろん円高の影響は計り知れませんが、どうも日本全体の勢いが明らかに衰えてきている感じがあります。

特に今年は東日本大震災や原発事故もあって仕方のない面もありましょうが、それに伴う復興増税の一つである所得税増税の期間はなぜか25年間との話で、「なんで復興のための増税なのに四半世紀も搾り取られなくちゃいけないんだ?」と疑問を感じるのは私がセコイから?

結局なんだかんだ理由を付けて増税したいだけに見えてしまうし、それよりもっと重要な徹底した歳出削減策などが全く見えてこず、「増税してもどうせ多くは無駄遣いに使われるんだろうな」という諦めにも似た政治への絶望しか出てこない。

で、増税増税という言葉はいやというほど聞きますが、我々の収入面はどうでしょうか?
平均年収の推移
右図は平成7年〜22年までの平均年収の推移ですが、平成21年からの落ち込みが明らかに大きくなっています。

それでなくても平成9年をピークにひたすら右肩下がりですから、ここに増税ではますます家計は苦しくなるばかり。

このグラフを見ると2002年〜2007年まで続いた戦後最長の景気回復局面でも給料が下がり続けている事が分かり、景気回復時でも給料が下がり、景気後退期にはもっと下がるという日本の悲惨な現状が浮き彫りになっています。

この状況下ではある意味デフレは必然とも言え、安定的かつ持続的な経済成長下で理想的とされる年1〜2%程度のインフレにはほど遠く、これでは活発な経済活動など望めない。

消費税は10%?

当然食品などの生活必需品も10%なんだよね?

年金支給開始年齢を68〜70歳まで引き上げ?

もはや国家的詐欺?

国民からお金を搾り取る事とお金を出し渋る事に関してはトントン拍子に事が進むのに、政治家や官僚の湯水の如き無駄使いには一向にメスは入らず、搾り取り出し渋ったお金でさらなる無駄遣いに余念がないご様子。

国…政治家や官僚の腐った仕組みを変えようにも変える力を持っているのが当の政治家や官僚な訳で、仮にそういった志を持った人間が政治家や官僚になっても大多数の腐ったご老人がたに潰されるのがオチで改革など進むはずもない。

結局アレか。

その搾取し無駄遣いする立場になれない時点で負けという事か。

関連記事



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス