勝手に相場観


2011.11.19  孤独をビジネスに

うわ〜…日経平均よわ〜…
…ってここ最近の記事はいつも冒頭コレだな…

金曜日の日経平均株価は年初来安値に迫ったようで、日経平均が9000円くらいの時に買った川崎重工業<7012>を未だ保有している私としても悲しいのですが、私レベルの人間になると「株価など見ない」という技を中途半端に実践できるので、株価見ないで現実逃避したり、でも恐いもの見たさでつい株価を見てしまってへこんでみたりと話題に事欠かない。

この「勝手に相場観」というコンテンツはブログというツールを使わずに日記形式で適当に経済関連や相場などの記事をを書いたりしているのですが、コメント欄などが無いためどうしても「一人ぼっち」感が否めない。

まあコメント欄があったとしてもコメントなど全く書いてもらえない可能性も十分ですし、ちょっと口の悪い私の記事を見て辛辣なコメントを書かれるかもしれませんし、コメント欄があればあったで大変なのかもしれませんが…

とはいえこれからのサイト運営でどういう方向に進めばいいのかとか、「こういったコンテンツがあれば良いのでは?」といった客観的に意見を欲しかったりもするので、もっと気楽に意見を書いてもらえるような方法を考えたいところです。

どうもこの季節は良くない。
医学的にも寒く日の短い冬に向かうこの時期は精神的に不安定なると言われていますが、確かにこの時期は「言いようのない微妙な絶望感」が付きまとう。

といっても私は本来夏より冬の方が好きなのです。
しかし最近はこの「微妙な絶望感」を感じる事が多く、これも人生の可能性がどんどん無くなり先が見えてくる年齢になってきたからなのかもしれません。

「私の人生このままでいいのかな?」
「将来どうなるんだろう?」
「ある程度先が見えてきて、何を目標、希望に生きていけばいいだろう?」

弱いなぁ…

最近仕事も頭打ち感や失速感が出てきて、今まで必死に走り抜けてきたのに、ふと冷静になって現状を見渡してみると上記のような不安や疑問が湧き出てくる。
おそらく遅かれ早かれ誰にでもある事でしょうが、結構きついね。

この辺の事を強引に経済に結びつけてみると「医学的以外に何かしらこういった不安などを和らげ、将来への希望を見出せるような商売」という感じになるのでしょうか?
今の日本は独身の人も増えていますし孤独死なども問題になっており、とかく人との繋がりが希薄になってきています。

まあこの辺を商業的にカバーしているのがmixiなどのソーシャルネットワークなのかもしれませんが、もうちょっと商売っ気を抑えて人間味のあるコンテンツが欲しい。
…というか私が知らないだけかもしれませんが…

これからは「貧困ビジネス」ならぬ「孤独ビジネス」の時代かもしれない。
…いや、これも私が知らないだけでとっくに時代はそうなっているのかもしれないが…

「あなたの孤独、癒します」

う…うさんくせ〜…

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス