勝手に相場観


2011.12.26  民主党のマニフェスト違反と達成率

一昨日の記事で「東京電力、電気料金20%値上げ」という、とても腹立たしい記事を書きましたが、今日も引き続き腹立たしいニュースを取り上げましょうか。

経済というのは様々な要因が影響しますが、何気に大きな影響を与えるのが「政治」です。
では今現在の政治を担っている民主党はどの程度頑張ってくれているのか?

最近「八ッ場ダムの建設再開」のニュースが流れましたが、この八ッ場ダムの建設中止は民主党のマニフェストの一つでした。
マニフェストというのはいわゆる政権公約で、民主党の最大の武器でもありました。

そのマニフェストって一体どうなっているのだろう?

民主党 マニフェスト違反 …という訳でヤッツケでちょっと表を作ってみたのが右図です。

……………………うん、クソだね。

まあマニフェストは細かいものまで含めると結構多く、実現できたものも存在しますが、少なくとも目玉政策はほとんどと言っていいほど達成していない気が…

右のマニフェスト違反以外にも有名な所で「後期高齢者制度の廃止」というものがありましたが、結局先送りになっており実現の目処は立っておりません。

まあ昔から「公約は破るもの」というステキな名言もありますしね…

これだけ公約違反を犯している当の民主党の言い分はどうなっているのか?

ちょっと前にこんな記事がありました↓

民主党は26日、平成21年衆院選と22年参院選で掲げたマニフェスト(政権公約)の達成度合いを 自己評価する「マニフェスト検証委員会」(委員長・岡田克也幹事長)の中間検証を発表した。

約180項目の政策のうち、約56%が「実施・一部実施」と評価。未達成となったのは約44%で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題や八ツ場ダム(群馬県長野原町)の建設中止などは、その理由を明記していない。

 中間検証では総論として、高校授業料無償化や事業仕分けなど「国民と約束した政策の多くが実現した」と強調。「実施・一部実施」に「着手済み」を加えると約79%に達すると自画自賛している。

…なんかのギャグですか?
体感的にマニフェストの達成率はせいぜい10%〜20%程度な気が…

2009年の総選挙時、国民は腐りきった自民党に嫌気がさし多くの人が民主党に投票しました。
それは「とにかく現状を変えたいから、一度民主党にやらせてみよう」という希望に満ちたものでしたが、蓋を開けてみれば自民党政権と大して変わらず…もしかしたらより悪化しているのかもしれません。

私自身も民主党に投票しましたが、今では後悔しています。
しかし「自民党に投票したほうが良かったか?」と問われれば答えは「NO」で、どちらにせよ一度自民党政権は終わらせなくてはならなかったと思います。

しかし結果は「民主党もダメだった」で、多くの国民はこう感じているのではないでしょうか。

「どの政党でも一緒だな」
「自民党も民主党もダメなら、一体どこに入れればよいのだろう」

第3の候補としては…議席的には公明党なのでしょうが、アレはカルトが絡んでますから除外。
というと…みんなの党? う〜ん…心許ない…

今の日本には多少強引でもグイグイ引っ張っていくリーダーが必要だと思うのですが、少なくとも民主党には居そうにない。

…ちょっと大阪が羨ましいよ…

関連記事


あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス