勝手に相場観


2012.09.18  尖閣諸島問題で見える政治のあり方と政党選び

イライラが止まらん…

「何の事かって?」
そりゃ尖閣諸島絡みの問題に決まっています。

昨日もさんざん中国のクソッぷりを書きなぐりましたが、どうも違う…
そう…何が腹立つのか色々考えてみたのですが…

中国の対応も腹立つが、何より腹立たしいのは日本の政治家…民主党の対応だという事。

14日に石原東京都知事がこんな事を言っていた↓

東京都の石原知事は14日の定例会見で「気が狂ってんじゃないかと思う。俺の物は俺の物、おまえの物も俺の物という形でやられたらたまったもんじゃない」と中国を批判。「追っ払えばいいんだよ。体当たりしたらいいんだ」とも述べた。

自らの言動が日中関係を悪化させているとの指摘に対しては「経済利益を失ったっていい。あの国の属国になることの方が、私はよっぽど嫌だね」と話した。

この人は「右翼」とも揶揄されるほど徹底的に右寄りな思想を披露する事が多いのですが、愛国心を持っている日本人なら当たり前に感じる事を当たり前に言い放ってくれる。

この「当たり前」すら出来ないのが民主党であり、おそらく自民党も目くそ鼻くそだと推測されるから「一体どこの政党に期待すればいいんだ?」状態である。

では最近急速に支持を拡大している日本維新の会はどうなのか?
今日、橋下大阪市長が尖閣問題についてこんな事を言っています↓

日本の尖閣諸島国有化をめぐる中国の反日デモについて、新党「日本維新の会」代表に就く橋下徹大阪市長は18日、報道陣に対し「(8月に)香港の活動家が上陸した時から日本の警察を常駐させておけばよかった。最大のチャンスを逃し、(政府の対応は)非常に下手だ」と主張。尖閣の実効支配を強めるべきだとの考えを示した。

橋下氏は「中国は(日本の)実効支配を一度認めると、韓国が実効支配する竹島のようになるのをよく見ている」と指摘。「憲法9条によってお気楽な教育を受け、日本人が(領土について)厳しい認識を持たなかったことが非常に悪い方向に来ている」とし、「日本が覚悟を持って(領土を)守っていけるのかを国民に問いたい」とも語った。

石原都知事ほど過激ではないが的を射た発言ではある。

ただし石原都知事の発言にしろ橋下市長の発言にしろ、聞こえは良くてもあくまで「外野」からの無責任な発言であり、では実際に両名が国会議員…もっと飛躍して総理大臣になっても同様の発言をし、それを実行に移せるのかは甚だ疑問だったりもします。

ちなみに現在の政党支持率を見てみると…報道機関によってあまりにも数字が異なるのですが、自民党が支持率トップという報道が多い一方、中には日本維新の会が支持率トップだという報道もあり、これから総選挙に向けてまだまだ流動的と言えるでしょう。

ただし民主党、テメーはダメだ。

自民党も総裁選が混沌としており、今現在では石破茂前政調会長(55)と石原伸晃幹事長(55)が有力とされていますが、石原は石原でも息子は若干ポンコツ臭漂ってるからな…いっその事良純の方が面白いんじゃないの(超無責任)。

総裁候補5人の中ではなんとなく石破さんがマシそうな感じがしますが、しょせんは自民党ですから誰がなっても大して違いはない気もします。

野党に下野した自民党の「消費税を民主党に上げさせてシメシメ」というやり方や、その他一連の動きを見ても国民の事を考えているとは口が裂けても言えず、自分達の利益や票、利権にしか興味がない事がハッキリと透けて見えるから困りもの。

少し前に知り合いと政治関連の話になって、その知り合いは「自民党も民主党もダメだから、日本維新の会にやらせてみるしかないんじゃないの?」と言っており、私もその考えには共感できるのですが、その「とりあえず一度やらせてみよう」と与党にしてみて大失敗したのが民主党なのも忘れてはいけない。

橋下市長は確かにリーダーシップがあり魅力的ではありますが、良い政策と悪い政策がハッキリしており、かつ独善的な面も強いので、上手くはまれば良いですが、それが悪い方向に向かうと手に負えなくなる可能性も。

みんなの党? う〜ん…

消去法でしか政党を選べず、しかもその消去法で選んでいくとすべて消えてしまうという現在の日本の政治を見るに、日本の終末も垣間見える。

日本脱出…そういう選択肢も視野に入れておくべきなのかな…



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス