勝手に相場観


2012.11.20  日銀が国債を直接引き受けるとどうなるの?

ここのところ続いていた円安、株高の流れはいったん落ち着きを見せました。

円相場も株式も、さすがに上げ方が急だったために利益確定の売りが出る頃でしょうし、高値の警戒感も付きまとい、私としてもおいそれと手を出せない状況なのであり…

2012年11月20日 日経平均株価

…こんなゴッツイ窓を開けたままでは、チキンの私は全力でスルーするーしかない…という親父ギャグ。

今回の株高、円安の流れの原因は、私の記憶が確かならば数日前にも書いたような気もしますが、自民党安倍総裁の日銀に対する発言と、衆議院解散による民主党政権の終焉という期待感からというのが大勢の見方です。

その日銀は本日の金融政策決定会合で追加緩和を見送りましたが、安倍総裁への不信感、不快感をあらわにした発言が目立ちました。
以下日本経済新聞から抜粋↓

日銀の白川方明総裁は20日の金融政策決定会合後の記者会見で、消費者物価指数(CPI)の前年比上昇率で3%のインフレ目標を設けることに関して「現実的ではない」と述べた。自民党の安倍晋三総裁が主張する「2〜3%のインフレ目標の導入」に否定的な見方を示した。

…日本ほどの成熟した先進国でインフレ率3%というのは確かにどうかと。
せめて1〜2%くらいにしておけ。

日銀の白川方明総裁は20日の金融政策決定会合後の記者会見で、来る衆院選に絡んで日銀法改正の議論が浮上していることについて、「日銀法のような我が国の経済、金融の基本法について改正という議論を行うのであれば、十分時間をかけて慎重な検討を行うことが必要だ」と指摘した。

これも安倍総裁が言い出した事ですが、日本の経済に重大な影響を与えかねない事柄の割には、ぽっと出な感は否めない。

日銀の白川方明総裁は20日の金融政策決定会合後の記者会見で、日銀による国債の直接引き受けを巡る議論に対し、「日銀は先進的な金融緩和をしており、大量の長期国債を買い入れている。それが財政ファイナンス(財政赤字の穴埋め)であるという誤解が生じると、長期金利が上昇して実体経済にも悪影響を与える」と語った。国債の買い入れにあたっては「金融・資本市場の受け止め方には十分な注意が必要だ」との認識を強調した。

中央銀行が国債を直接買い入れる財政ファイナンスについては、「国際通貨基金(IMF)が発展途上国においても中銀が行ってはならない項目の最上位に掲げている。通貨発行の権限を持つ中銀が国債引き受けやこれに類似した行為をすると、通貨発行に歯止めがきかなくなり、様々な障害が生じる」と指摘。

これまた安倍総裁が建設国債の日銀引き受けに言及した事に対しての反論です。

ちょっと分かりづらいのが「国債直接引き受けのどこに問題があるのか?」という点で、実は日本の財政法第5条で日銀による国債の直接引き受けは禁止されておりますし、直接引き受けは国債の信用力を低下させる恐れがあります。

しかし現在日銀は市場から国債を買い入れており、市場から買い入れるのと国から直接買い入れるのでは、どういった違いが生じるのか?

間接的な買い入れは直接買い入れと違い法律上問題ありませんが、市場からであろうが国から直接であろうが「国債を買っている」事に変わりはなく、物理的(?)には「直接」か「間接」かの違いのみ。

ただし市場へのメッセージとしては極めて大きな違いがあります。

日銀が金融緩和のために自らの意思で民間から国債を買い入れるのと、国から直接買い入れるのではまったく意味合いが異なり、「日銀が国債を直接引き受ける=市場で消化できなくなった」と受け取られかねず、それはつまり国債の信頼低下に繋がります。

そうなれば超が付くほど低い利回りである日本国債の金利は上昇し、円は売られ、インフレに向かうと考えられ、安倍総裁の狙いもそこにある事は想像に難くありませんが、それが「心地よいレベル」に収まるかは未知数と言わざるを得ない。

実際、日銀による国債直接引き受けによりハイパーインフレに陥るという極端な意見も一部では存在し、ハイパーインフレは言いすぎでも、行き過ぎた円安やインフレ、長期金利の上昇による混乱などの可能性は十分にあります。

本来中央銀行は政治から切り離されていなければならず、今回の一連の安倍総裁の発言は越権行為な感は否めませんが、現状では円安、株高に向かい、とりあえず輸出企業などは胸を撫で下ろしているのではないでしょうか?

安倍総裁の「禁じ手」は批判されて然るべきですが、今まで超円高、株安を許してきた政府、日銀の無能、無策っぷりも露呈した格好に、なんとも複雑な気分…

ルール厳守やキレイ事だけでは世界で戦っていけないという事か。



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス