勝手に相場観


2013.12.24  日経平均株価一時16,000円超えるも下落

昨日の日本市場は天皇誕生日でお休みだったので、NYダウと為替相場に注目していましたが、NYダウは73ドル高で再び史上最高値更新、ドル円は104円付近でもみ合ったあと今日の日中には若干円安に振れました。

その流れを受け今日の日経平均株価は一時16,029円まで買われ節目と思われていた5月23日の高値15,942円はもちろん心理的な節目の16,000円も突破し、これから青天井…かと思っていたら引けにかけて急落。

ギリギリのところで先週終値よりプラスで引けましたが、終値は15,889円と終値での16,000円超えはおあずけとなりました。

2013年12月20日 日経平均株価

一瞬でも16,000円を超えたことで達成感が出たという意見もありますが、個人的にはこのラインに豪快に弾き返されたことで「まだ16,000円の壁は厚いのかもしれない」と感じる結果になるも、節目では売り物も多いですから一度は押し返されても、それによって売り物をこなし一気に上昇する事もあります。

とはいえ先週金曜日にも書いたように先週木曜日の大幅上昇によって大きな窓を開けており、近々「これを埋めに来るのかも…」という不安は拭えず、積極的に買っていく気にはならない。

まあ、今日も信用取引で3000株買ってある東芝<6502>は2円下落し含み損は+6000円だから、そりゃ買う気も失せるわ。

ちなみに皆さん、今日は何の日か知っていますか?

そう、小中学校の終業式の日ですよ。(家の近所では)

何やら世間では赤やら緑やらで装飾されたものやチクチクしそうな変な木を飾る様子が街中に散見される気もしないでもないですが、なんなんだお前ら。

ピザ屋や新聞屋が赤い服着てバイクに乗っているが、とうとう気が触れやがったな。

どうせ世間では変人同士がイチャイチャしてケーキ食べてしっぽり決め込む“あの日”なんでしょうが、私ぐらいのレベルの人間になると崇高な投資に関する記事とやっかみと嫉妬に狂った文章を書くのに忙しくてお前らのようにベタベタイチャイチャちゅっちゅしている暇なんて微塵もないもんね。

…く、悔しくなんかないもんね…
せめて…せめて含み損解消というプレゼントくれないかな、あの髭オヤジ。

この記事は独身恋人無しの友人宅で書いているのですが、よくよく考えてみたら私の身の回り、男女問わずそういった人が多いな〜

類友なんだね…



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス