勝手に相場観


2014.01.08  信用取引注文時の注意点

月曜、火曜は大きく下落した日経平均株価ですが、それによって割安感が出た上に円安が進んだ事もあって今日はじりじりと値を上げ、終ってみれば前日比307円高の16,121円であっさりと16,000円を回復しました。

2014年1月8日 日経平均株価

青線の25日移動平均線に触れる事なく反発したことから底堅さを感じましたが、これまで何度か取り上げているように青丸の大きな窓を埋めるに至っていない。

窓埋めは絶対的なものではないのでこのまま上昇を続ける可能性もありますが、これだけの大きな窓を放置しているという事実は私のようなネガティバーにとっては、そりゃもう気になって仕方がない。

これを書いている20時30分現在ドル円は104円後半と若干円高に振れており、今日の大幅上昇も相まってか日経平均先物は16,000円を割り込んでいる。
果たして明日はどうなるのか?

一月ほど前、とち狂って数年ぶりに信用取引で東芝<6502>を444円で3000株買い、その直後急落に見舞われ漬物にしておりましたが、年明けからなぜか上昇し月曜日の段階で含み損はほとんど無くなっておりました。

6ヶ月の期限があり金利も毎日取られる信用取引に心身共にボロボロにされた…という設定の私はとにかく早く手放したかったので、金利などを含めてどうにか1,000円ちょっと利益が出る446円で売り注文を昨日の取引時間前に出しておきました。

しかし仕事から帰ってきてみると終値は439円で「ああ、また売れずに値下がりしたよ…」と落胆しつつ高値を見てみると…なんと447円!

やった…やった! 売れたよ!!

2014年1月8日 取引報告

確かに売れてた…

この画像を見てよく分からない方もいらっしゃるかもしれませんから一応説明すると、信用取引で買った3000株を売って保有株を無くす予定のはずが、新規で信用売り(空売り)注文を出してしまい両建てになってしまったという切ない間違いをした図がコレ

空売りとはいえ買いと同じ3000株を446円で売っているので、金利、貸株料を考慮しなければ値が上がろうが下がろうが資産に変化はなくちゃんと利益確定した事に近い状況ではあるのですが…偉そうに投資記事書いている人間が「間違えて両建てしちゃった〜」とか、もうね…

ちなみになんでこんな間違いをしたかというと、現物での買いなら「現売」での注文で決済できるので同じような感覚で上図損益額の上にある「信売」で注文してしまったのですが、信用取引での決済は一番右端の「返売」でなければならず、それをすっかり忘れていた私は「信売」でめでたく空売りしたと。

まあ売買してしまったものは仕方ないので、今日の寄り付きで446円の空売りを441円で買い戻し決済し、444円買いのやつも午前中に445円で返済売りして、やっとのことで久しぶりのノーポジションになりました。

その後東芝は順調に値を上げて終値は456円だったがな(怒)。

それでも今回の間違い注文によって1万円ちょっとの利益が新たに生まれましたから結果オーライと無理やり納得させたのは言うまでもない。

皆さんも注文間違いには気を付けようね…


総ページビュー
ユニークアクセス