勝手に相場観


2014.01.15  窓埋め完了で再び上昇に転じるか

1月10日に発表されたアメリカの雇用統計は市場予想を大幅に下回る結果となりNYダウは大幅下落でドルは売られ、ドル円は一時102円台に突入する場面も見られましたが、昨日発表されたアメリカの小売業売上高が市場予想を上回り、景気に対する懸念が和らいだ事により14日のNYダウは115ドル高と5営業日ぶりに上昇し、ドルも買われて104円台に。

この流れを受け、最近軟調だった日経平均株価も今日は反発し386円の大幅高。

2014年1月15日 日経平均株価

ネガティバーな私が懸念しまくっていた青丸の大きい窓を昨日の大幅下落で埋めてくれたのは良かったのですが、同時に青線の25日移動平均線を豪快に下抜いてしまい、「窓を埋めたし、ずいぶん安くなってきたから買いたいけど、まだまだ下がるのかも…」とモヤモヤしていたら今日は寄りから大幅上昇しやがりました。

朝方相場を見ていた私は「何か買わなくては」と焦りを感じながら先日445円で売った東芝の値をチェックしたら480円くらいになっており、何ともやるせない気持ちになりながら他の銘柄をチェックするも総じて大幅高。

しょうがないので含み損で苦しめられていた東芝の前に含み損で苦しめられていた信越化学工業に目を付けたのですが…投資に限らず私の人生含み損だらけね…

2014年1月15日 取引報告

そしてまさかの含み益。

いや、含み益は嬉しいのだが、負け犬感を前面に押し出した当サイトの方向性を考えるとこれでは締まらないな…

で、これからの株価予想ですが、ドル円が104円を上回っていれば日経平均株価16,000円回復も十分に視野に入りますが、今日の上昇があまりにも大きかったため今夜のNYダウがそれなりに上昇し円安が進まない限り明日の日経平均はあまり期待できない気がします。

昨日豪快に下抜いた25日移動平均線を今日は上抜き返しましたが、現段階ではまだどちらに動くか分からない。

ただ、直近の谷である12月16日の終値15,152円を下回ることなく上昇に転じたので上昇トレンドは継続されており、これからも上昇していく可能性の方が高いと感じます…が、経済や景気の状況が良いからといって株価が上昇し続けるとは限らないので、安値感の無くなった現状に油断は禁物かと。



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス