勝手に相場観


2014.11.04  株価とドルの上昇はこれからも続くか?

今日の日経平均株価の終値は先週比448円高の16,862円と先週金曜日の755円高に続き2営業日連続の大幅な上昇となりました。

もうアホかと。

上昇幅だけを見ると今日は先週金曜日に比べ若干勢いが落ちたかに見えますが、取引時間中には一時700円高を超え高値は17,127円まで上昇している事から、今日は急騰後の利益確定売りに若干押されたものの勢いは健在といったところでしょうか。

チャートを見てもその上昇の凄まじさが見て取れます。

2014年11月4日 日経平均株価

もうアホかと。

ただ、いつもの如くの私の悪いクセで先週金曜日と本日の上昇の際に開けた窓が気になり、 漠然と「短期的な利益確定などの調整で今日開けた窓を、中期的な調整で先週金曜日に開けた窓を埋めてくるのではないかな〜」などと感じていたりしますが、金曜日の窓は15,700〜15,800円あたりに開いているので、現在の円安水準でここまで下落してくる事は考えづらい。

そのドル円はこんな感じになっております。

2014年11月4日 ドル円

もうアホかと。

日経平均株価、ドル円共に気になる点は、あまりにも上昇が急だったため緑線25日移動平均線との乖離が極めて大きくなっている事で、急騰によりこれから急激に25日移動平均線が上昇してくる事を考慮しても短期的にこれに近づく展開になるのではないでしょうか。

私も明日以降の利益確定の動きを睨み朝方292.6円で買った新日鐵住金<5401>に15円高い307.6円で売り注文を出していたのですが、新日鐵住金の寄付きが310.3円だったので指値より高く売れるという嬉しい誤算も。

…428円で買った東京電力にも先週終値より40円も高い437円という無茶な指値をダメもとで入れ、やっぱり全然ダメだったのは秘密なの。

正直言うと今回の追加金融緩和がこれだけの株価上昇と円安をもたらすほどのものなのか計りきれておらず、本格的な上昇への序章なのか、それともサプライズが故に行き過ぎた相場なのかが読みきれない。

今回の追加金融緩和はもちろん年金積立金の株式比率引き上げやアメリカの量的緩和終了、そして来年中に行われるのではと見られている米の利上げを睨めば、これからも円安株高が続きそうな気がしますが…

ただ、この水準からさらに買い増すのは勇気いるな…



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス