勝手に相場観


2015.12.15  織り込まれた利上げにFOMC後は反発予想

なにやら凄まじく下落していますね。
今日の日経平均株価の終値は前日比317円安の18,565円。

昨日のNYダウは反発し103ドル高でしたしドル円も下げ止まり感があり、また昨日の日経平均株価が347円安だったので「さすがに今日は反発するだろう」と思っていたのですが、取引開始から徐々に値を下げて終わってみれば連日の300円を超える下落。

原因はやはり今日、明日と開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)で、明日の結果発表に向けて手仕舞う動きが広がったようです。

チャートを見てみると、とうとう青線75日移動平均線を割り込んでしまいました。

2015年12月15日 日経平均株価

ただ、今日の下落で長らく埋まっていなかった赤丸の窓を完全に埋めましたし、さすがにここまでの下落が激しい事もあり明日以降はとりあえず青丸の窓を埋めに動くと思われます。

FOMCの結果発表は日本時間の17日早朝ですから明日もこれを睨んで神経質な相場になる事も考えられますが、市場の利上げ予想確率は80%を超えておりほぼ織り込みは終了していると思われますから、もう大きな波乱はないかな?

18日の日銀金融政策決定会合も金融政策の現状維持が予想されており、もしサプライズが起きるとすれば市場にとって好材料となる追加の金融緩和でしょうから、急落を引き起こすようなネガティブサプライズは考えづらくFOMC後はおそらく反発に転じるかと。

そんな自身の予想もあって今日は日中久しぶりに買ってみようかと証券会社のHPを眺めていましたが、結局買わずじまいのまま用事で出かけました。

ただ、私が買おうかどうか迷っていたのは午前中の日経平均株価が100円安くらいの時で、終値が300円超の下落になっている事を考えるとやっぱり買わなくて良かったのかもしれない。

「でもそろそろ反発すると思うんだよな〜、でもな〜」

…などと悶々としながら結局買わないのかな。

今年は色々と出費が重なり、しかも8月の株価急落で結構大きな損切りをしたので完全に腰が引けてしまっていますが、人生守りに入ったらもう墓場まで一直線な気もする。

先日市の健康診断を受けてきたのですが、私自身今年はろくな事が無かった年なので「なんか悪い結果になるんじゃないだろうな…」と、結果が送られてくるまで戦々恐々としています。

そういえば去年の健診では肺に影が映り再検査でCTを受けてきたし(問題は無かったが)、そろそろガンも身近になる歳だし、ホント歳は取りたくないですね。

最近ありえない所から毛が生えるんだが…



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス