勝手に相場観


2015.12.22  赤字5500億円で急落する東芝の底値は?

今日の日経平均株価の終値は前日比29円安の18,886円。

金曜日のNYダウやドルが大幅に下落した事から先週末の段階で日経平均先物は18,750円まで下落していましたが、週明け月曜日の日経平均株価は予想以上の踏ん張りを見せ小幅安に留めました。

しかし予想外の頑張りで無理が出たのか、昨日のNYダウが123ドル高になったにも関わらず今日の日経平均株価は日中の大半を前日比マイナスで推移し、結局小幅ながら続落。

ドル円が若干円高に振れ現在121円を挟んだ動きになっている事おり、このドル円水準ではあまり株価の上昇も望めない印象を受けるものの、原油価格が少し上昇してきたという明るい兆しも見えます。

先日アメリカの原油輸出が解禁されるとの報道を見て「これは1バレル20ドル台突入が現実味を帯びてきたな」と感じましたが、先週には一時1バレル34ドル台まで下落した事を考えると今は少し持ち直しており、きっとこれは米の株価にとってプラスに働いてくれる…のか?

それにしても東芝の問題、色々と大変な事になってきましたね。

当初はそれほど大きな問題になるとは思わなかった不正会計問題も日を追うごとに額が巨大化し、結局東芝は国内外で約1万人のリストラを行う事を発表し、その費用2300億円を含めた2016年3月期の業績予想は5500億円の赤字ですって。

近年では7000億円以上の赤字を出した東京電力やパナソニックに次ぐインパクトで、堅調で派手さは無いもののしっかりと良いものを作っているイメージのあった東芝がこの体たらくではどの企業を信用すればいいのかと疑心暗鬼になる。

当然株価は急落しており、今日は12.28%も下落し終値は223.5円

2015年12月22日 東芝の株価

東芝の1年間のチャートを見てみると、5月に不正会計が発覚し急落した後、一度は反発したもののその後はほぼ右肩下がりで推移しています。

ちなみに私は今年の4月10日に東芝株を487円で1000株購入し、8〜9月にかけての急落に耐え切れず10月7日に300円で損切りしています。

痛すぎる。

さすがに今回以上の悪材料は中々出てこないと思うので、そろそろ底を打つのかな〜という気もしますが…

2012年度に7000億円以上の赤字を出したパナソニックの株価も2012年の約400円を底に今年の5月には一時1,800円を突破しましたし、今東芝を買っておけば2年後3年後には美味しく頂けるかもしれない。

まあパナソニックに関してはちょうどアベノミクス相場に乗っかれたため4倍超になっただけのような気もしますが…

東芝のアベノミクス前の株価を見たら250円くらいだったので、これだけの不祥事を起こして223円というのはまだ高い気もしますし、一方で当時に比べ日経平均株価が2倍になっており全体的な地合いが相当良くなっている中での223円は底値に近い気もしますし…悩ましいね。



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス