勝手に相場観


2015.12.24  米利上げ後の一方的な円高で120円割れ目前?

…メリ〜クリスマ〜ス…

…さて、今日の日経平均株価の終値は一昨日比97円安の18,789円でした。

米のNYダウは今週に入ってから3日続伸しており、昨日も185ドル高と大幅上昇で日経平均株価もこれを好感し寄り付きこそ200円近く上昇して始まったものの、120円台半ばまで円高が進行した事などもあり上げ幅を縮小、午後に入ってからはマイナス圏に突入し最終的に100円近い下落となってしまいました。

明日は年内受け渡し最終売買日という事もあって節税対策のために損失を確定する動きが広がったという見方もあり、年末年始に向けた慌しさがここでも出てきた格好でしょうか。

それにしてもここ数日のNYダウの大幅上昇と円高ドル安はどういう事なのでしょうか?

先日12月FOMCで発表された米の利上げにより、セオリー通りに考えるなら株価が下落しドルが上昇するはずなのですが、少なくとも現在そういった動きは見られずむしろ逆行しています。

米の株高に関してはここ数日持ち直している原油価格を好感している可能性が高いものの、円高ドル安がここまで進む理由は乏しく原因が見出せない。

あえて言うなら年末年始に向けたドルのロングポジション(ドル買い)の解消なのかもしれませんが、日本と違い外国では明日25日クリスマスと元旦が休場するくらいで大型連休はなく、それほど大きなポジション解消にはならないかと。

2015年12月24日 ドル円

上図はドル円の動きで、青い矢印の部分がFOMCで利上げが発表された日。

本来なら利上げで円安ドル高になりそうなものなのに、実際は見ての通りひたすら円高に動いており、すでに120円を目指す動きになっています。

120円というのは心理的な節目として大きな意味があるので、もしこれを割り込むようだと結構なインパクトになり日本株の下落に勢いを付ける可能性があります。

さすがにこの節目には一定の抵抗線があると見られますし、そもそも米は利上げをしている訳ですから、そう簡単には割り込まないとは思いますが、120円付近にはそれなりの数のストップロスがあると思われ、年末の薄商いという事もあって一気に突破してくる事も考えられます。

12月5日の記事で米が金融緩和から利上げに踏み切った後はドル安に振れる事が多い事に言及しましたが、これは利上げ時と1年後のドル円相場を比べた中長期的なもので、今回の円高はいくらなんでも即効性ありすぎだろ。

パブロンかっ!

…寒くなってまいりました、クリスマスだけに。

そういえば去年の今日も切ない記事を書いた記憶があるが、今年も去年同様ケーキ(母製)をモソモソ食いながらクソつまらない記事を書いておりますよ。

さすがに40も近くなってきて人生の敗者も極まってくると街中でイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャしつつ夜はしっぽりチュッチュウフフフフフフフフフふふふ不不負腐腑フしているクソ野郎共に対する嫉妬とかやっかみとかマジ無いね。

いや、マジ無いね。

むしろ私は男女のアレを超越した悟りのアレにアレしていると思われ、連中がベッドイン(ぬっぽり)の前に素敵なディナーを食すのも、私がベッドイン(就寝)の前に素敵なディナー(ごつ盛り)を食すのも大した違いはないではないか。

よ〜し、今夜はいっぱい入れちゃうぞ〜♪キムチをごつ盛りに

…来年も頑張って生きていこう…



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス