勝手に相場観

2016.10.18  JR九州当選でお小遣いゲットなるか?

10月18日の日経平均株価の終値は前日比63円高の16,963円。

これで先週の金曜日から3日続伸と好調で相場の底堅さを感じる一方、17,000円の壁も意識せざるを得ないというのが本音でしょうか。

石油輸出国機構(OPEC)が原油原産の合意をしてから原油高に振れ、それを好感してドル円相場もスポポ〜ンっと上昇しましたが、原油高のわりに米株の反応は悪く、ドル円も104円からは一進一退の攻防で日本株を一気に上昇させるほどのパワーは今のところないようです。

昨日発表された米の鉱工業生産は市場予想通りだったものの前回分は若干下方修正され、また同日に発表された設備稼働率やニューヨーク連銀製造業景気指数は市場予想を下回り、米市場にはちょっと微妙な空気が漂っている感じ。

2016年10月18日 NYダウ

前回の記事でNYダウは青線75日移動平均線に頭を押さえつけられていると書きましたが、地味に緑線25日移動平均線も意識される展開になっている気がする。

今日は東京市場に加え中国や欧州株価も比較的順調に推移しており現在のNYダウ先物を見ても今日の米市場は堅調に推移しそうに感じます。ただ今日は米で消費者物価指数が発表されるので、この数字次第で景気や利上げに関する思惑が色々と働く可能性も視野に入れておきましょう。

2016年10月18日 日経平均株価

ここのところ日経平均株価は緑線25日移動平均線と17,000円との間で動いていますが、今日の米市場が堅調に推移すれば明日にも17,000円突破を目指してくるかと。

そんな中青線75日移動平均線が上向きに推移し下向きの赤線200日移動平均線を上抜く長期的なゴールデンクロスが視野に入ってきました。

去年の10月22日…つまりちょうど1年前を最後に75日移動平均線が200日移動平均線の上に出ることはありませんでしたから、ここで200日線を上抜けば上昇に弾みがつくことも十分期待できるでしょう。

現況を見るに明日は大幅上昇の可能性も…何か買っておけばよかったわね。

JR九州のIPOがちょっと当選した

九州旅客鉄道(JR九州)のIPO抽選結果 今年最後の超大型IPO案件になるであろう九州旅客鉄道(JR九州)のIPOに証券会社10社から応募していましたが、抽選結果が出そろい当選200株、補欠300株という結果に。(クリックで大きくなります)

予想外だったのはIPOチャレンジポイントを使わなかったにも関わらず当選したSBI証券で、今年さんざん落選させられた恨みが100から81くらいに減った感じ。

でももしJR九州が公募価格割れしたら恨みは一気に10000くらいになるから覚悟しとけよSBI。

野村證券でのIPO当選は初めてで、ここは余力が0円でも抽選に参加でき、当選や補欠当選になってからお金を入れればいいシステムであるため、取り急ぎ30万円ぶち込んで購入申し込みしておいた。

補欠当選はSMBC日興証券とマネックス証券、みずほ証券ですが、SMBC日興証券には落選がなく当選しなかった人はすべて補欠になるため繰り上げはほぼ100%期待できません。

マネックス証券とみずほ証券にわずかな望みを…といったところですが、多分無理だろうな…

ただ、JR九州は上場をCMでも宣伝していましたし、過去のJR銘柄の優秀さからかなりの応募が集まっているという事前情報があったため200株でも確保できてとりあえずホッとしています。

…そういえば6月に上場したコメダホールディングスも200株当選したけど初値は見事に公募価格割れしたという嫌な記憶が…JR九州はきっと大丈夫と信じましょう。(※コメダは数日後公募価格を若干上回ったところで売却しました)

JR関連は上場後の株価形成も優秀なことで知られているので、万が一の公募割れはもちろんしょぼい上昇なら長期的な保有も視野に入れています。

ザラ場で稼げない私にはもはやIPOしか希望がないのだ!(無能)



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス