勝手に相場観

2016.10.20  日経平均5ヶ月ぶりの高値で上昇に勢い?

昨日の日経平均株価は取引時間中に何度か17,000円を超えるも終値では16,998円と17,000円を下回ったことで「やはり壁は厚いのか…」という雰囲気が漂いました。

そしてその夜のNYダウは40ドル高と上昇したもののドル円相場は103円台前半〜半ばまで円高進行していたため今日の日経平均株価は冴えない展開で再び17,000円に押し返される可能性が高いと見ていました。

しかし今日の日経平均株価は16,999円で寄ると若干の円安進行と共に株価は一気に上昇、引けにかけてさらに一段高となりおよそ5か月ぶりの17,200円突破となる17,235円で取引を終えています。

5月31日に17,000円を超えた時のドル円相場は110円を超えていたことを考えると、ドル円103円台での17,200円回復にどういった意味があるのか…

今日の株価の大幅上昇には日本時間20日に行われた米大統領候補による第3回テレビ討論会によってヒラリー氏の優勢が改めて確認されたことによるものと思われ、これを最後に討論会は終了しあとは11月8日の大統領選を待つのみとなりました。

とりあえず十中八九ヒラリー氏勝利で間違いなさそう。

ただ、ヒラリー待望論は政策や手腕から氏を望んでいるわけではなく、トランプ氏があまりにもアレなので消去法でヒラリー氏…といった具合と、これはこれで日本にとってプラスになるかどうかは相当怪しい。

自民党が良いわけじゃないけど、民進党はじめ野党があまりにもクソだから消去法で自民党…ってのに似た感じか。

  日経平均株価は青天井か

今日の日経平均株価の終値は17,235円と5月31日の終値17,234円を超え(1円だけど)、いよいよ本格的な上昇が始まるのかといった印象を受け、次なる目標は4月22日の終値17,572円や同25日の高値17,613円あたりになるでしょう。

2016年10月20日 日経平均株価

リスクとしては、前述のように株価に対しドル円相場がかなり円高に感じる点、欧米株価がいまいち盛り上がらない点あたりでしょうか。

ここのところの日本株は驚くほど底堅く、また市場に楽観も広がっていることから下がらなそうな雰囲気ではありますが、トランプ退治が終わったあとはヒラリーリスクが台頭する―なんて話もありますし、一応下落も想定しておくべきかと。

テクニカルでは短期・中期的な上昇トレンドになっていますし、多分上昇傾向だとは思うけど、下落は不意に訪れるから怖いよね。


前回の記事でJR九州が200株当選したことを報告し、久々のIPO当選に内心ほくそ笑んでいましたが、その後SBI証券にログインしたら50万円ほど買付余力が少ない。

「なんだ?」と思いIPOのページを見てみると…

アイモバイルIPO 400株当選

Oh…

「そういえば申し込んでいたな〜」と思って改めてアイモバイルについて調べてみたら、なんかヤヴァイ雰囲気がプンップンなんだす。

業種的には人気が出そうなものの、吸収金額が大きいため需給に大きな不安があり、比較的大型案件で枚数が多いとはいえIPO目的としても大人気のSBI証券において10,500株程度の申し込みで400株当選って…

多くの人が直前のJR九州に注力していたためアイモバイルが手薄になったという見方もできますが、ネット上には複数枚の当選報告が相次いでおりどんだけ人気ないんだよって話。

事前予想では微プラスという予想が多いものの、最近の傾向を見ると人気の無さそうな銘柄は容赦なく公募価格割れしていて、当然アイモバイルもそのリスクが満載。

購入意思表示期限が24日までなのでギリギリまで悩もうとは考えていますが…もし400株買って100円下げたら損失は40,000円…下手をするとJR九州で出ることが予想される利益が吹っ飛びかねません。

「初値で100円上がる確率と100円下がる確率、どちらが高い?」と考えた時、下がる確率のほうが高そうなので、やはりここは辞退するべきなのか…


総ページビュー
ユニークアクセス