勝手に相場観

2017.02.09  日米首脳会談後、株価やドルは下がる?

やっぱり厳しいかねぇ…

ここのところ米トランプ大統領の政策への懸念や米利上げ期待の後退、それらを背景とした円高によって日経平均株価は方向感の定まらない展開が続いてます。

今日の日経平均株価も前日のNYダウの下落や一時111円台に突入した円高などを嫌い一度も前日終値を超えることはなく、終値は前日比99円安の18,907円。最近は19,000円を挟んだ動きに終始していますね。

軟調傾向な株式市場を受けて私もぼちぼち物色していることを何度か書いていましたが、昨日とうとう買っちゃったよ♪

2017年2月9日 取引報告

…たった2日で含み損が4万円超えてるんだが…

三菱重工業は業績の下方修正により下落したところを拾い、富士通に関しては少し前に680〜690円あたりで何度か稼がせてもらったので、富士電機との持ち合い縮小による需給懸念で下落したところを「657円なら安いじゃ〜ん」とアホ丸出しで拾ってみた。

どちらも悪材料によって下落し「すぐに反発するだろう」という淡い期待で買ったものの、まだ下げ止まっていなかったらしく、2銘柄とも出来高・下落率でなかなかの上位に入っているから困ったもの。

これがいわゆる「落ちるナイフを掴む」ってやつ。

散々「逆張りはダメよ」と書いておきながら自分で実行してしまうあたり、鳥頭を通り越して認知症の域。みなさんはこれを反面教師にしてしっかり順張りするようにして下さいね。

  相場は小動き 日米首脳会談待ちか

先週はFOMCや雇用統計といった大きな指標がありましたが今週は10日の日米首脳会談以外これといったものがないためか相場は小康状態になっており、テクニカル的にも7日に書いた記事から特に動きはありません。

2017年2月9日 日経平均株価

それでも日経平均株価のチャートを見てみると、青線50日移動平均線を明確に割り込み、緑線25日移動平均線とのデッドクロスが目前に迫っています。

やや強引な見方ながら上値が切り下がる一方で下値が切り上がる「三角持ち合い」のようにも受け取れ、どっちを先にブレイクするかな〜って感じ。まあ現在値の位置から考えれば支持線を割る可能性の方が遥かに高いが。

明日の日米首脳会談では自動車をはじめとした日本の輸出産業やドル高について言及されるのではないかという懸念が燻っていますが、7日に発表された米の貿易統計では米の貿易赤字国として中国に次いで日本が2位に躍り出ており、さらに懸念が広がっています。

米の対日赤字額は689億ドルで、トランプ氏がよく槍玉に挙げている自動車は日本からの輸入が392億ドルなのに対し日本への輸出は5億ドルと2桁違っており、まあおっさんが言いたいことも分からなくもない。

ただ、そもそもの原因は日本人が欲しがるような魅力的なアメ車が無いことなんじゃないかと。アメリカのもの作りのヘボさを棚に上げて魅力的な商品を作る日本を批判するとか自分勝手としか言いようがありません。バ〜カ。

それでもそんな自分勝手がある程度通ってしまうのが超大国アメリカの怖いところで、明日は安倍首相のお手並み拝見といったところでしょうか。

…なんで私はこんなに上から目線?
素人だからいいようなものの、有名人だったら炎上してるんだろうな。

日米首脳会談であまり波風が立たず平和に終われば週明けはドル高株高も期待できますが、トランプ大統領が日本の輸出産業や円安に対し明確に懸念を表明するようだと一気に円高株安に振れる可能性があります。

私が株を買っちゃった現状、嫌な予感しかしない。


総ページビュー
ユニークアクセス