勝手に相場観

2017.03.23  日米の政治不安が台頭し急激な円高株安

昨日の急落は驚きましたね。

懸念材料は散見されたものの、日銀のETF買い入れなどもありなんだかんだいって底堅いのかと思っていましたが、昨日の日経平均株価は414円安、ドル円も111円台と大崩れしました。

この原因は米の米医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案に関するゴタゴタが原因で政策が滞るのではないかとの懸念とされ、火曜日の米市場はドル安のみならずNYダウも237ドル安となりました。

昨日の夜のドル円相場は一時110円台に突入するなど懸念は現在も燻ぶっており、やや持ち直した現在も111円台前半〜半ばで推移しています。

今日の日経平均株価は昨日の大幅安の反動もあってか前日比43円高の19,085円と反発して終えていますが、森友問題も収束しておらず日米の政治不安が払しょくされなければ株価の回復も見込めないのかもしれません。

私自身今回の急落に巻き込まれまして、18日に取引報告した中でマツダに関しては火曜日に手数料差し引き200〜300円程度の超薄利決済で手放していたので難を逃れましたが、三井化学はガッツリ持っていかれたよ。

2017年3月23日 取引報告

代わりに今日トヨタ自動車を買ってみたけど、果たしてどうなるか?

籠池理事長の証人喚問が終われば多少安心感も広がるかな〜とか、28日の権利付き最終日に向けて上がるかな〜なんて期待して買ってみたが、なんかじわり円高になってる…これヤヴァイパターンか?

あっさりと崩れてしまったテクニカル

前回記事の火曜日の段階ではテクニカル的に底堅さを感じた日経平均株価ですが、昨日の414円安であっさりと悲しい感じ。

2017年3月23日 日経平均株価

火曜まで「25日移動平均線が支持線になってるし、すぐ下には50日、75日線もあって底堅そうですわ〜」とか思ってたのに、昨日のアレでまとめて一気にズドンと抜いてきましたよ。

ちなみに一目均衡表で見ると、ここ数日で一気に狭くなった雲にINしており、薄い雲というのは抵抗線としても支持線としても弱いとされるので、これも一気に下抜いてくる可能性があります。

これまで維持してきた緩やかな上昇トレンドラインも割り込み、近々の注目は終値で19,000円を維持できるかどうか。

2017年3月23日 ドル円

ドル円相場もまずい。

これまでなんども踏ん張ってきた111.6円のラインを明確に割り込んだことからドル売りの仕掛けが活発化する恐れがあり、またこれより下に明確なメドが見当たらないため大きな節目となる110円すらあっさりと割り込むことも考えられます。

今日23日、件のオバマケア代替法案が下院で採決されることが予定されており、これが否決されたり延期されたりすると円高株安に勢いが付くと懸念されています。つまり市場心理はかなり悪くなっていると。

あれ? そういえばこの状況にあって今日トヨタ買って持ち越したアホがどっかに…

一方、オバマケアの代替案が可決されれば安心感が広がり一気に円安株高になる可能性もありますが…嫌な予感がひしひしと…


総ページビュー
ユニークアクセス