勝手に相場観

2017.05.09  日経平均20,000円目前も過熱感に注意

予想どおりGW明けは吹っ飛びましたね〜、予想どおり。

やっぱ上げる気がしたんですよねー円安だし仏大統領選ではマクロン氏勝ちそうな情勢だったし北朝鮮はショボ〜ンだしまあ日記委平均先物は上がっていたし誰でも予想できたことだと思うんですけどね〜でもその情報を逃さないあたりが素人と素人の差なんですよね〜なんていうか予想どおり?

…必死さに全世界が泣いた。

先週土曜日の時点で日経平均先物は大幅高だったため連休明けに300円超上昇してもおかしくない情勢でしたが、蓋を開けて見れば8日の日経平均株価は450円高と急騰。

しかも今日の東京市場が開く前にドル円相場が113円台に乗せたものだから「いよいよ20,000円を試すか?」と思いましたが、昨日の大幅上昇の影響もあってか今日の日経平均株価の終値は前日比52円安の19,843円でした。

とはいえ地政学的リスク、政治リスクが後退し、5日米雇用統計が堅調で6月利上げが確実視される今、上昇を止めるような材料も見当たらず、日経平均株価20,000円回復は時間の問題と見られます。

円安傾向も止まらないし、もしかしたら今週中にも…

現状目立ったリスク要因は見当たらないものの、上昇ピッチが早すぎるため短期的には高値警戒感が出る可能性は否定できません。

直近の安値が4月17日の18,224円で、昨日の終値が19,895円…安値を付けた後切り返した4月17日を含め13営業日で日経平均株価は1,671円上昇したことになり、トランプ氏の勝利前後の行って来いを考慮しなければトランプ相場以上の急ピッチで上昇していることになる。

北朝鮮やシリアといった地政学的リスクや欧米の政治リスクで株価が抑えられた鬱憤が爆発している状況で、やや行きすぎている感は否めない。

それでも今の勢いや押し目買いの旺盛さを考えれば、目立った押し目を作らずに上昇する可能性も考えられますが…

  窓超やばいんですけど〜

最近の急騰を物語るように一連の上昇で日経平均株価は大きな窓を2つ空けています。

2017年5月9日 日経平均株価

トランプ相場時にも複数の窓を空けながら上昇していましたが、ここまで大きい窓はありませんでしたし、今年4月までの下落によって今その大半の窓は埋められています。

窓を埋めないまま上昇を続けることはままあるものの、これだけ大きな窓が短期間に2つ空いているというのは窓埋め教信者の私としては看過できません。

だからといって青○の方の窓をすぐに埋めにくるとは考えづらい。しかし赤〇の窓に関しては短期的に埋める可能性もないとは言えないので一応注意しておいて下さい。

また、連休前からの急激な上昇によって緑線25日移動平均線との乖離が大きくなっていますので、ここからさらに上昇するにしても多少の調整はあると見るのが自然か。

大したポジションも無いままこういった加熱相場を見せつけられると、乗り遅れまいと焦って飛びつきたくなるのが人間の心理。しかしそこが天井だったという事も往々にしてあるので冷静な対処をお願いします。

ただ、慎重になり過ぎた結果“ぽつーん”ってなるのもまたよくある事で、特に私はその傾向が強いので、「上げ過ぎだから止めとけ」とは口が裂けても言えない。

ドル円相場も円高トレンドを脱した感があり、6月FOMCに向けて円安株高になる可能性が高まっていていますので、仮に下がるとしても一時的なものかなと。


総ページビュー
ユニークアクセス