勝手に相場観

2017.09.12  北朝鮮リスク後退で急騰 上昇余地は?

北朝鮮の建国記念日にあたる9日を通過すれば安心感が広がり株価やドルがある程度上昇するとは予想していましたが、ここまで上昇するとは思っていませんでした…

今日の日経平均株価の終値は前日比230円高の19,776円。昨日は270円上昇したため、2日でちょうど500円も上げたことになります。

先週は9日の北朝鮮建国記念日に何らかの挑発行動をとってくるのではないかという懸念がくすぶっていましたが、結局これといった動きはなく、市場には安心感が広がりました。

しかも国連の制裁決議案は中国やロシアに配慮し大幅に緩和されることが確実となり、北朝鮮の反発は限定的で更なる挑発行動はひとまず回避されるのではないかという思惑も働いているのかもしれません。

アメリカも日本もやられっぱなしだなオイ。

何はともあれこういったリスク回避の動きを市場は好感し、先週末は107円台後半だった米ドル円相場は一方的な円安になり現在は109円台前半〜半ば。それを受けて日本株も上昇という理想的な動きとなっています。

米の大型ハリケーン「イルマ」の被害も予想されていたほどではなかったようで、低調だった米長期金利も急反発、とりあえず最悪の状況は回避したかな?

ただし、昨日今日の大幅反発はいくつかのリスクが回避されたことによる揺り戻しであり、リスクが顕在化する前の水準に戻したにすぎません。円安や株高が本物かどうか見極めるのはここからが本番かと。

米の利上げ観測は相変わらず渋い状態ですし、日経平均株価20,000円、米ドル円110円あたりではそれなりの戻り売りが出ると思われますので、乗り遅れまいと飛びつくと悲しい結果が待っているかも。

…と言って、いつもチャンスを逃しているのが私だがな。

今週は木曜日に米で消費者物価指数が、金曜日には小売売上高が発表されます。どちらも米景気やインフレをうらなう意味で重要となり、来週19、20日に行われる連邦公開市場委員会(FOMC)に影響を与える可能性もありますので要注目。

リスクオンも窓埋めには要注意

9日に北朝鮮が行動を起こさなかったのを機に一気にリスクオンの流れに傾き、投資家共が突撃をかました感のある市場。しかしそれによって日経平均株価はまたでっかい窓を空けましたよっと。

2017年9月12日 日経平均株価

しかも連日。

仮に明日も上昇し窓を空けた場合は「三空踏み上げ」となり、短期的に急落する可能性が高まりますので、もし明日も大幅上昇するようなら空売りしてみるのも面白い。もちろん損切ラインの設定は忘れずにな。

北朝鮮への懸念が高まる前の日経平均株価は20,000円を挟んだ動きだったので、米の利上げ観測が強まらない限り上昇してもこの辺が限界なのではないかと見ています。

また、19,800〜19,850円あたりには75日線や一目均衡表の雲の下限が存在していますので、これが意識される可能性もあります。

もし明日窓を空けて20,000円に迫れば、普段空売りしない私でも勝負するかもしれませんが…今の市場にそこまでのパワーはないか。

一方、米ドル円相場はダブルトップのネックラインや年初来安値を割り込んで「どうなるか?」と心配したものの、昨日今日は予想以上の円安で110円を伺う勢い。

FOMCなどで米の金融当局者から利上げや引き締めに関するハト派的な発言でも飛び出さない限り、この流れが継続するとは思えませんが、何があるか分からないのが市場の面白いところでもあり、怖いところでもある。

もしかしたらここから大相場が始まる、なんて可能性も…ないか。

何も保有してない状況で急騰すると“乗り遅れた感”でモヤモヤし、ついつい飛びついて高値掴み…なんてことが起こりがち。

米の状況やテクニカルを鑑みるに、上昇余地はそれほど残されていないように見えますので、焦って取引するようなことは避けたほうが無難かと。

ただし、木曜金曜の米指標や週明けのFOMCにヤマを張るならその限りではない。



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス