勝手に相場観

2017.10.14  円高なのに株価急騰 過熱感ある日本株

騰がってる、アホみたいに騰がってるよ…

木曜日の記事で「上値余地はせいぜい200〜300円くらいじゃないかな」的なことを書いたワタクシでしたが、翌金曜日の日経平均株価は前日比200円高の21,155円と大幅上昇しましたよ。

しかも金曜夜のシカゴの日経平均先物はその終値より70円ほど高い21,225円まで買われていて、私が予想していた上値余地がもう埋まりそうな勢い。

じゃあここから下落に転じるのかというと…うん、まあ…えへ。

しかも米ドル円相場は111円台後半と確実に円高進行している中での急激な株高。日本株に割安感があったとはいえ円高に対し逆行高するほどの期待感があるというのはちょっと驚き。

何はともあれ急騰が始まる直前の安値である9月8日の19,239円から昨日の高値21,211円までの上げ幅は1,972円。前回書いたように上昇幅2,000円前後が急騰時のメドと考えるならそろそろ一度は天井付けそうなものだが…

衆院選に際し今日の朝日新聞には「自公300議席伺う」との見出しが躍っており、希望の党をはじめとする野党が思いのほか苦戦し与党が議席を確保しそうな情勢も投資家に安心感を与えそう。

ただ、私のように心がねじ曲がった人間からすると、自民党や安倍政権大嫌いの朝日がこういったことを書くというのは「選挙前に与党優勢を伝える事で与党や支持者に慢心を与えると共に、自民党一強に危機感を持つ有権者を奮い立たせる狙いがあるんじゃないか?」という穿った見方をしてしまうが。

ここ数日の円高にもかかわらず株価がガンガン上げているという状況は非常に心強く感じる反面、ハシゴを外された時の急落は素直に怖いと感じます。

2012年の総選挙時は半年で約7,000円上昇した例もあることから、それになぞらえればまだまだ上昇余地はあるようにも感じます。しかし政権交代した2012年と違い今回は与党が勝利したからといって政策が大きく変わるとは考えづらい。

9月4週から相場に大きな影響を及ぼす外国人投資家が買い越すようになってきていることから、素直に流れに乗るべきという見方もできるものの、もう少し緩やかに上昇して欲しいもの。

間違いなく言えることは「私は買わない」という点だが、私が指をくわえて見ている時というのは上昇する事が多いので、そのへんも判断材料になるかと。

サイトの方向性を見失う

ここからは投資とは全く関係がない当サイトの今後について少し書いていきたいと思いますので、興味がない人はスルーして下さい。

このサイトは2011年から運営し色々な投資の情報を掲載しつつ、この「勝手に相場観」で私の適当な予想などを書いているスタイルをとってきましたが、最近はアクセスの落ち込みが酷く何かしらの対策を…と考えております。

アクセスが減ってきている一番の原因は、検索された際の順位が多くのページでじわりと落ちてきていること。

サイトを始めた当初は1000文字程度の記事でもgoogle様に評価されていたのですが、最近は1ページに多くの情報を詰め込むのが主流となり順位を落としていると推測されます。

また、週に3回ほど書いているこの勝手に相場観も、毎回似たような相場予想や雑感を書いているため同じようなページが累積し評価されていないことも考えられます。

このサイトにかけられる時間というのは限られているため、1記事につき2時間ほどかけて適当な予想をダラダラと垂れ流しているこの勝手に相場観を止め、専門的な情報を扱った他のページの追加・修正に力を入れることも検討しています。ぶっちゃけ勝手に相場観のアクセスは全体から見ると10分の1くらいの割合だしな。

ただ、定期的にこのページを見て下さっている酔狂な方も一定数存在いたしますので、どういった形態がいいのか、どういった情報やサイト内容を求めているのか意見を募りたいと考えています。

以前作ったお問い合わせのページが色々な問題で文字化けしてしまっているため、取り急ぎ仮のメールフォームを設置いたしますので、暇なお時間ある方に「こうすればいいんじゃねぇの?」的な助言を頂けたらと存じます。

お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

ご用件
お名前 ※必須
電話番号(半角)
Mail(半角)
性別 男 
お問い合わせ内容

 

メールしてくれる人はせいぜい数人程度でしょうから、詳しく聞きたい場合はメールを返信するかもしれません。「お前の返信などいらん」という方はアドレスを空欄にしていただければと。

「クソつまんねぇ」「とっとと止めちまえ」というお叱りもどしどし応募しますので遠慮なく毒を吐いていただきたい。短文でもかまいませんが、「こういう理由でこうしたほうが良い」といった感じで書いていただけると助かります。

近々サイトの方向性を決めたいと思っていますので、ささいなことでも助言いただければ幸いです。



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス