勝手に相場観

2017.11.28  水曜日の米GDPやコアPCEでドルが動く

今日の日経平均株価の終値は前日比9円安の22,486円で続落。

なんというか、これといった大きな材料はなく方向感を失いつつあるように見えます。米ドル円相場も111円台前半とやや円高傾向ですしね。

その米ドル円、昨日の米時間や今日の朝方には110円台に突入する場面があるなど売り圧力が強い傾向にある。北朝鮮がミサイルを発射する兆候が見られるとの報道も足を引っ張っているのかもしれません。

ただ、最近の懸念材料である米の税制改革法案に若干の期待感が戻っているとの報も。昨日発表された米の新築住宅販売件数は市場予想を上回るなど、米の景気は相変わらず堅調っぽいですしね。

でも円高…やはりインフレが盛り上がらないことが原因になっているかと。

明日水曜日の米時間にはGDPや個人消費、コアPCEなどインフレにも関わる重要指標が発表されますので、ここである程度動いてくるのではないかと見ています。

…あとはえーっと、12月8日金曜日の雇用統計が発表され、同13、14日の日程で米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。12月の雇用統計とFOMCはどうなるだろうねー?

(書くことねぇ…)

相場が停滞している上にこれといった材料がないと色々厳しいな。

水曜日の米重要指標待ち

もう面倒くさいからチャートを見ろ。

2017年11月28日 日経平均株価

前にも書きましたが、日経平均株価は緑線25日移動平均線を意識する展開。今日も同線を支持線として反発していることが伺えます。

…うん、だからこの線に近づいたら反発を期待して買うといいかもよ。でも明確に割り込む事態になったら売ろうね。

2017年11月28日 米ドル円

一方、米ドル円は相変わらず赤線200日移動平均線青線75日移動平均線が抵抗線になる展開。トレンドも短期的には完全な円高になっています。

状況としてはいつ110円台に再突入してもおかしくないので、余裕があるなら株、ドル共にここは様子を見るべきでしょうか。

一方、明日の重要指標にヤマを張るなら明日の日中までに売買を済ませておくべき。ヤマが当たったら儲かるし、外れたら損をするでしょう。(当たり前)

ちなみにネガティバーな私の予想は円高予想。当たったら次の記事で「ほら見ろっ!!」って威張るし、外れたら華麗にスルー。記憶にございません。


…不毛だ…



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス