勝手に相場観

2017.12.14  予想どおりのFOMCも円高、チャンス到来か

今日は色々と忙しくて書き始めの時点ですでに日付が変わる頃という微妙な時間になってしまったが、一応14日の記事として書いておこうかな。

米時間12、13日に行われた連邦公開市場委員会(FOMC)は市場の予想どおり0.25%の利上げが実施され、来年の利上げ回数は3回とこれまた市場予想どおり。つまりサプライズらしきものは一切なかったと。

ただ、同日発表された米消費者物価指数(CPI)は市場予想と一致する前月比0.4%上昇だったものの、食品やエネルギーを除いたコアCPIでは市場予想を下回っています。

その影響もあってか米ドルは13日夜から急落。FOMCの結果発表後は下げ足を早め一時112円台半ばまで円高進行しました。ちなみに現在は112.7円くらい。

なんだかんだで円安進行するのかな〜と思っていたから市場のこの反応はちょっと意外でした。ただ、FOMCにしてもCPIにしてもそれほど悪い内容ではありませんでしたし、今日発表された米の小売売上高は堅調そのもの。すぐに円安に戻るんじゃないの〜?

ダウ工業株30種平均(NYダウ)は史上最高値を更新しまくっているし、今の円高は一時的なものという印象が強い。最近の傾向から見ても円高や株高が長く続くことはなかったので、ここは強気に攻めていきたいところ。

…私がポジティブなことを書きだすと危険という噂もなくはないが…

日経平均株価は今日で3日続落。25日線にも近づいており反発する可能性は十分かと。

ただ、9日に書いた時は遠く感じた窓埋めが近づいているのも確か。仮に窓を埋める流れになるとすれば22,500円あたりまでは下落することになります。

もしここまで下落することがあればマジで買おうかな?

SMBC日興証券でIPO(要興業)が再び当選

つい先日、SMBC日興証券でSGホールディングスのIPO(新規公開株)が当選したという自慢記事を書きました。結局SGホールディングスは初値で売却し税引き後22,000円くらいのお小遣いになったとさ。

これまでSMBC日興証券では公募価格を割り込んだ銘柄が1回だけ当たったことがあるだけで、それ以外はひたすら落選。大手証券会社だしそんなものだろうと思っていたところでのSGホールディング当選は正直びっくりしました。

しかし今日になってSMBC日興証券から再びIPO当選のメールが。

要興業のIPO当選

今回は要興業。たいして人気にならないであろう銘柄ではあるものの、SMBC日興証券はこのIPOの平幹事なのでネットのIPO応募への割当は180枚程度と見られています。よくそれで当たったな。

…これってあれか?死亡フラグ?

ただ、どうせならもっと注目銘柄に当選したかったという想いも。IPOに当たるのは単純に嬉しいものの、前回のSGホールディングスといい今回の要興業といい、大した利益は狙えない銘柄。+20,000円くらいになってくれれば超御の字か。

1枚で数十万円の利益を生み出してくれるIPOに1度…と言わず2度3度と当選してみたいものです。…まあ、当選するだけありがたい話であり、あまり欲張ると本当に死亡フラグ立つぞ。サスペンスとかでもそういう奴が真っ先に殺されるしな。



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス