勝手に相場観

2017.12.26  2017年大納会〜2018年大発会の株価予想

やはりというかなんというか、相場は動かんね。

まあそれはそれとしてそろそろ大納会が近づいてきたので、毎年恒例の2017年大納会〜2018年大発会の日経平均株価の騰落予想でもしますかね。…去年の結果を調べるの面倒だが。

大納会、大発会の値動き 2017

前年以前は毎年恒例の使い回しだがたぶんこんな感じ。…いや、厳密には汚かった画像を綺麗にしたのだが、途中で嫌になり中途半端に終わったので見比べないと分からないレベル。

大発会はご祝儀相場で上昇する傾向が強かったものの、2014年から2016年の大発会は初値、終値ともに前年大納会から下落するという弱い内容でした。しかし2017年大発会は久しぶりに上昇、479円高というぶっ飛びっぷりを披露しました。

え?表を見ると480円高になってるって?小数点以下まで表示してないからそうなっているのであって、決して間違っているわけではない。小数点以下は切り捨てじゃ。

さて、これを踏まえて今年の大納会〜大発会は上昇するのかというと…ご想像にお任せする感じ?直近24年間のデータに照らし合わせれば上昇する可能性が高いものの、近年の弱さを見ると微妙な印象を受けます。

なんとな〜くだけど、大納会までに23,000円を超えていれば抵抗線から上放たれた期待感から上昇する気がするし、そこまでに23,000円を超えていなければ大発会の上昇も頭打ちになるのかなと。

実際今日も22,950円まで上昇する場面があったものの、その後下落して終値は22,892円。23,000円に限りなく近づいているのに妙に遠い…そんな印象を受けます。

年末ということで市場参加者は限られ出来高や売買代金はかなり減っています。出来高が少ない状況を狙って何らかの仕掛けがない限り上昇も下落も限られると思われますから、良くも悪くも安心感がありますけどね。

前にも書きましたが節税のための売りも一定数出ていると思われますので、受渡日の関係でそれがなくなるであろう明日以降は狙い目かもしれません。…というか、厳密には今日の引けか。

来年こそは

クリスマスや有馬記念が終わり、今日を除くと今年も残すところあと6日。

新規公開株(IPO)で当選した25日上場の要興業の初値は公募価格に対し200円上昇してくれたため、税引き後16,000円くらいの利益になりました。これで年末年始を乗り切ることができるぜ。

今年は年末ジャンボ宝くじを10枚買ったので、年が明けるころにはウハウハになっていることでしょう。来年になってサイトの更新がピタッと止まったら当選したと思って下さい。

…まあ、99.99999%くらいの確率で更新することになるだろうがな。

宝くじといえば50%に満たない払い戻し率を誇るクソみたいなギャンブルですが、たまに買ってみたくなるんですよね。そして300円しか当たらず後悔すると。

テレビなどのメディアでは色々な人の成功譚を放送しているものの、現実的には一発逆転なんか存在しないよね…



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス