勝手に相場観

2018.01.30  日経平均株価急落 24,000円は天井か

ほーら見ろ、私が買ったらこの大幅下落だよ。

今日の日経平均株価の終値は前日比337円安の23,291円。昨日の米株大幅安に加え、一時109円台前半だったドル円相場が108円台半ばまで円高進行したことで市場が警戒感を強めた模様。

先週金曜日に重い腰を上げSUBARUを買った私。月曜日は売り注文を出すのを忘れ午前中の上昇をスルー。その後株価は下落し、今日にいたってはこの急落ですよ。相変わらず私の曲師っぷりはハンパねぇな。

株を持ってない連中は買い場を作った私に感謝しろよ。一方株を保有している連中は…ご愁傷様。また不幸な人間を生み出してしまったぜ。

ここのところ円高進行が止まらない中で株価は非常に強い動きをしていましたが、そのしわ寄せが一気に来た印象でしょうか。

企業決算の本格化に加え今日から米で連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されるため、そのへんの警戒感もあるのかもしれません。

…昨日177円安になったダウ工業株30種平均(NYダウ)の先物が現段階で180ドル安くらいになっているんだが…今日さらに下がるの?死んじゃうよ?私死んじゃうよ?

いやー、相場ってホント怖いものですね。仮想通貨も色々とボロクソになってきていますしね。「億り人」?バカじゃねぇか。仮想通貨急落で人生終わる人が続出し本物の送り人登場になるわ。

…含み損抱えると心が荒んで文章も荒っぽくなるね…

買いのチャンス到来なのか?

6営業日前となる23日には日経平均株価が終値で24,000円を突破し浮かれていた日本株。しかしその後は5日続落であっという間に23,291円ですよ。

見方によってはこの23日が天井とも感じますが、実際どうなのでしょう?

2018年1月30日 日経平均株価

うーん、まあ天井でもおかしくはない。ただ、急騰時の天井ってもっと尖っている印象があるので、そう考えると持ち直す可能性もあるのか?

とはいえ、これまで相場を下支えしてきた感がある緑線25日移動平均線を割り込んだのは素直に痛い。

ここ最近で同線を終値で割り込んだのは12月6、7日のみ。結果論的にはこの2日間は“だまし”に終わったことになるが、今回は果たして?

仮にここからさらに下落するなら青丸の窓を埋めを下値メドとするべきか。ちなみにその水準は22,881円。ここまで下落するようなことがあれば積極的に買っていってもいい気がします。

先週金曜日にSUBARUを購入し含み損を抱える身ではあるが、当該銘柄を買った証券会社の買付余力はまだ6割ほど残っている。

毒を食らわば皿まで…とでも言うのか?悔しくない、全然悔しくないぞ。

チックショー!

うん、全然平気。

とりあえずは短期的に25日線を回復できるかに注目しましょう。円高に加えここ数日はこれまでの底堅さや買い意欲がなくなってきているので、このままズルズル行くようならトレンド変換も考えられるかと。



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス