テクニカル分析と投資家心理


前のページでは簡単なテクニカル分析の紹介や説明をし、最後に「とりあえず移動平均線を用いたものと一目均衡表の二つは必ず覚えておくべき」と書きました。
数あるテクニカル分析法の中でなぜ比較的単純な移動平均線と一目均衡表を勧めるのか?

それは、市場や相場を動かしているのは「人間」であり、もっと突っ込んだ表現を使うなら「人間の心理」だからです。

移動平均線や一目均衡表というのは単純であるが故に初心者、熟練者問わず多くの投資家に使われ、そしてそれなりの実績を上げているからこそ確固たる地位を築いていると言えます。

多くの投資家が用いるという事は、そのテクニカル分析の精度を抜きにしても多くの方が移動平均線や一目均衡表を元に売買をするのであれば、その分析結果が示す未来の値動きに動きやすいという事が言えます。

市場を動かすのは人間の心理なので、多く使われている分析法が「売り」と示すのであれば、売られやすい地合になる傾向があるのは当然ともいえます。

だからと言って移動平均線や一目均衡表を全面的に信頼するのは危険です。
といいますか、すべての分析法に言える事ですが、100%信頼できるテクニカル分析など絶対に存在せず、比較的信頼性が高いと言われているような分析法でも、しょせんは参考程度と考えて投資に望むべきです。

それでも出来るだけテクニカル分析の精度を高めたいのであれば、トレンド系の移動平均線などで相場の方向感を読み取り、RSIやMACDなどのオシレーター系で「買われすぎ」「売られすぎ」を見極めて売買をするのがベターでしょう。

テクニカル分析は過去の値動きや時系列などを現在のチャートに当てはめ、これからの値動きを予想するという特性上、今現在の世界の経済状況や情勢、突発的な出来事には当然対応できず、アッサリと裏切る事も日常茶飯事です。

そしてそれら突発的な出来事は投資家心理を冷え込ませパニック的な売りを誘発する事も多く、オシレーター系でどれだけ「売られすぎ」と分析しても、さらに売り込まれる事も多いのです。
テクニカル分析は投資の世界で昔から用いられ、実績も上げてきていますが、過度な期待は禁物と言わざるを得ません。

だからと言ってテクニカル分析を始めとした各種分析を使わず適当に売買を行うなど自殺行為に他ならず、過度な期待は禁物だが、使わないとはじまらないと考えてください。

少しでも精度を高めるためには上記のトレンド系とオシレーター系を組合せ、そこにファンダメンタルズ分析も取り入れるとよいでしょう。
ただしあまり多くの分析を組み合わせると分析結果に矛盾が生じ、いつまで経っても買えないという状況に陥りかねないので注意が必要です。

どちらにせよいきなり多くの分析法を覚えるのは大変なので、多くの投資家が使っていてテクニカル分析の結果以外に投資家心理もある程度読み取れる移動平均線や一目均衡表を手始めに覚える事を私はオススメします。

そして、それらを覚え新たな分析法を覚えるにしても、様々なテクニカル分析に手を出すのではなく、ある程度数を絞って集中的に深く覚えた方が好結果に繋がるでしょう。


まとめ

・市場や相場を動かしているのは投資家心理である
・移動平均線や一目均衡表は多くの投資家が使っているので投資家心理も多少読み取れる
・可能ならトレンド系、オシレーター系、ファンダメンタルズ分析を組み合わせると理想的
・あまり多くの分析法を用いると、分析結果に矛盾が生じるの
・分析法はある程度数を絞って集中的かつ深く覚える

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス