トレンドを読み取る


株式投資における「トレンド」とは株式相場の方向性や傾向を指し示すものである。

大まかに分けて「上昇トレンド」「下降トレンド」「横ばい」があり、そのトレンドを見極めながら投資しなければ利益を上げる事は難しいだろう。
上昇
ちょっと乱暴だが右図のような状況を上昇トレンドと言う。
上昇トレンドは紫色の線が表す長期移動平均線の上を波打ちながら上昇する場合が多く、図のように波の谷と天井を黒い線でザックリ引いてみると分かりやすい。

こういった上昇トレンドは谷を結んだ黒い線や紫の長期移動平均線がサポート(抵抗線)となって下支えする場合が多く、それを前提とすればサポートラインあたりまで下がってきた所が逆張りでの買い時、そこから上昇したのを確認してからが順張りでの買い時となる。

下降 一方、下降トレンドはどうか?
右図のように、上昇トレンドとは逆に波を描きながら下降していく相場で、概ね長期移動平均線の下にある場合が多い。

波の天井を結んだ黒い線や紫の長期移動平均線が抵抗線になり、そこで弾き返され下落するパターンが続きながら徐々に値を下げていく。

こういった相場では無理に買おうとせず様子を見るか、もしくは信用取引空売りを活用しながら利益を出していく事になる。
売り時はやはり上の黒い線付近か、もしくは紫の長期移動平均線付近になるだろう。

上昇トレンドにしろ下降トレンドにしろ永遠に続くわけではなく、当然どこかで転換するのだが、その目安となるのが上記のサポートライン(抵抗線)を突き抜けた時。

下降トレンドなら、紫の長期移動平均線をゴールデンクロスで上抜け、さらにその勢いで天井を結んだ黒い線まで突き抜け、前回の高値を更新してくるようだと転換の可能性が十分ある。
…もちろんそこからまた下落に転じる場面も多々あるが、それを言ったらきりがない。

まとめだが、上記のようにある程度トレンドが形成されるとサポートライン(抵抗線)が意識され、そこで反転する場合が多くなる。
そうやって安定的にトレンドが継続する訳だが、トレンドが崩れる時はアッサリ崩れるので過信は禁物

ちなみに横ばいのトレンドはボックス相場とも呼ばれ、ある一定の値幅で波を繰り返しながら上昇も下降もしないような相場の事。
上値と下値が想像しやすい事から、人によっては稼ぎやすい相場とも言える。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス