トレンドラインの引き方


トレンドラインとは相場の傾向や転換点、心理的な支持線、抵抗線を読み取るために株価などのチャートに引く線の事です。
上昇トレンドでは安値と安値を結び、下降トレンドでは高値と高値を結ぶ。

トレンドライン・上値抵抗線
上図は下降トレンド時のトレンドラインを引いたものです。
下降トレンドではこのように高値同士を結ぶのですが、あまり神経質になる必要はなく大雑把でかまいません。

下降トレンドでのトレンドラインは上値抵抗線として機能し心理的に意識されるので、この抵抗線を上抜けるにはそれなりのパワーが必要になる場合が多くなります。

トレンドライン・下値支持線
次に上昇トレンドでのトレンドラインです。
上昇トレンドの場合は下降トレンドの逆で安値同士をザックリと結びましょう。

上昇トレンドの場合、トレンドラインは下値支持線として機能し、心理的に相場を下支えします。
ちなみに上図の赤丸で囲った部分は「ブレイク」といい、支持線を下抜いてこの上昇トレンドが一旦終わった事を意味します。

このトレンドラインはテクニカル分析でも基本的なもので、多くの投資家が用いており、それが故に市場では意識され信頼性を高めています。

しかしトレンドラインを割り込んだからといって「転換点だ!」と判断するのは危険です。
市場ではこのトレンドラインは比較的意識されるものの、ちょっとした材料で一時的にラインを割り込み、再び値を戻すような「だまし」も多く存在するので過信は禁物なのです。

どんな高度なテクニカル分析でも絶対の信頼を置けるものなど存在しないので、世界情勢、相場の状況、ファンダメンタルなどもある程度考慮する必要があります。
とはいえトレンドラインが市場で意識されるのは間違いないので、積極的に使っていくべきである事には違いありません。

では、次のページではもっと踏み込んだトレンドラインの使い方を解説していきます。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス