トレンドラインの使い方


前回は上昇トレンドと下降トレンドでの単純なトレンドラインの引き方を説明しましたが、今回はもうちょっと踏み込み、一つのチャートで複数のトレンドラインの引き方やチャネルラインなどを解説していきます。

投資をやる上での理想は安定した上昇トレンドが続くことですが、実際の相場は神経質に動く事も多く、そういった相場に対応するためにもトレンドラインを引き相場の流れを読み取る事は重要になります。

トレンドライン・複合
上図のように相場は小さな波を繰り返しながら大きな波を形成しており、その小さな波から相場のトレンド(傾向)を読み取るためにトレンドラインを引き相場の転換点を探ります。
その転換点が赤丸のブレイクポイントです。

上図のように下降トレンド中の上値抵抗線をブレイクした場合は「買い」のサインで、上昇トレンド中の下値支持線をブレイクした場合は「売り」のサインになります。

これらは比較的中長期トレードに用いられるのですが、もうちょっと短いスパンの取引であるスイングトレードなどに活用したいのであればチャネルラインが有効です。
上記の図にもう一手間加えてみます。

チャネルライン・複合
チャネルラインはトレンドラインと平行に上昇トレンドならば高値と高値を結び上値抵抗線として、下降トレンドなら安値と安値を結び下値抵抗線として機能します。
上図の真ん中の上昇トレンド時にチャネルラインを引いていないのは、期間が短いために目安となる高値が少ないため。

こうやってチャネルラインを引くと小さい波の動きが読みやすくなり、一週間程度のスイングトレードなどを行う際に役立ちます。
それ以外にも、例えば下降トレンド中に下値支持線であるチャネルラインを割り込むようであれば、今以上に下降する力が強まったとも読み取れ、売りが加速する可能性があります。

ここまで簡単にトレンドラインやチャネルラインの説明をしてきましたが、気をつけて欲しいのは一見ブレイクしたと思わせてすぐに値を戻すような「だまし」も多く存在するという事です。

次のページではトレンドラインを活用する上での「だまし」を解説していきます。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス