勝手に相場観


2011.07.29  投資家はつらいよ

今日の日経平均株価は前日比68円安の9,833円。

NYダウの下落が止まらない。
昨日も62ドル安で、これで5日続落となり6月末から7月初めにかけて急上昇した分の半値押しあたりまできてしまいました。

2011年7月28日 NYダウ

このチャートの形を見てみると典型的なW天井になっており、赤丸の前回安値を割り込んでいる事からテクニカル的にはちょっと弱い形になってきました。

上ヒゲを見ても分かる通り、昨日は一時80ドル高まで上げる場面もあったのに、その後ズルズル売られての62ドル安。
当面はアメリカの債務問題が片付かない限り厳しい状況かな?

で、もう一つの懸念材料である円高ですが、今日も気持ちよ〜く円の独歩高になっており、今現在ドル円は77円半ば、ユーロに至ってはとうとう110円台に突入してしまいました。
今でも主要国の中では比較的高金利の豪ドルやNDドルのオセアニア通貨も最近はジリ貧になっていますが、もう円キャリーなんて流行らないのかな〜。


さて、話は変わって今日は花の金曜日ですぞ!!!(メガ死語)
投資をやっていたり、投資サイトを運営していたりすると平日はどうも落ち着かなくて、相場やニュースもしっかりチェックしなくちゃいけないし、記事も書かなくてはいけないという強迫観念にも似たものを若干感じたりします。

株式取引なら基本的に取引時間は3時までなのでまだいいですが、24時間休み無しのFX(外国為替証拠金取引)をやっていた頃は週末になると心の底からホッとしたものです。

現在の保有銘柄に含み益が発生していれば「早く売らないと利益が飛ぶかも…」と心配になり、逆に含み損だと「損が拡大していませんように…」と心配になったりして、結局平日は気が休まらずに薄毛注意報発令。

私みたいに中途半端な短期売買を行っている人間にはホント辛いですね。
短期売買ならデイトレードやスキャルピングに徹すれば取引時間外は余計な心配もないのでしょうが、しがない社会人の私に一日中パソコンの前に張り付くなんて出来る訳もありません。

なので中長期保有を目的として買うのですが、ちょっと上がると「今売らないと下がるかも…」と不安になるヘタレ仕様。
で、いざ売ると、そこからキッチリバッチリ上昇してくれるオマケ付きで涙が止まらない。

きっと私同様どっち付かずな投資家の方って結構いるのではないでしょうか?
…というか、きっとみんなそうだな。
いや絶対。

一緒にするなっ!!!

…みんなでヘタレ同盟とかって…ダメ?

関連記事



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス