勝手に相場観


2011.12.24  東京電力、ボーナス出す一方電気料金20%値上げ

…クリスマスイブだね…
イブにサイトの記事をシコシコ書いている私って…
まあその辺はあまり深く考えない方向でひとつ…

さて、そんな聖なる夜に腹立つニュースをひとつ取り上げましょうか。
それは一昨日に報道された「東京電力、電気料金20%引き上げを政府に申請した」というハラワタ煮えくり返りそうなヤツ。

20%って…

そもそも日本の電力会社は一社独占なので、大幅に値上げされようがなんだろうが関東に住んでいる以上東京電力を使わざるを得ず、それを盾にもはややりたい放題のクソ東電。
皆さん知ってますか? 東京電力は半減したものの冬のボーナスもシッカリ出ているんですよ。

2011年 冬のボーナス 右の表を見てもらうと分かるように、東京電力は昨年から55.7%の大幅減ではあるものの、実に37万円ものボーナスを出している。

表は大企業ばかりが並んでいるため、今年の東京電力のボーナスは相対的に少なく感じますが、中小企業などでは37万円というのはごく普通の額と言えます。

つまり出し過ぎだボケ。

というか出すなボケ。


表面上では今回の値上げは原発事故の賠償金などに使うわけではなく、原発事故で火力発電に頼らざるを得なくなったので、その燃料費調達などでコストが増大し収益が悪化したため…という事らしい。

電気料金は1980年以降上がっておらず、最近言われている電気料金の値上げはあくまでも「燃料調整費」という燃料調達のコストに連動して増減する部分の値上げだったのですが、今回は本格的な料金値上げになる模様。

いや、だから事故が起きたのはオマエラの甘〜い想定のせいであって、原因はあくまでもオマエラにあるのだからこちらにコストを負担させるなよ。

しかもそれを棚に上げてボーナス出しているし、ちょっと前には保養所や接待施設などの維持管理費などまで電気料金の原価に含まれていたと問題になっていましたし、ホントもう「頭大丈夫か?」というレベル。

・自分達の甘さで原発事故を起こし膨大な量の放射性物質を垂れ流しました
・原発の事故に伴って火力発電の燃料費がかさむので電気料金を20%ほど上げます
・原発事故で賠償費がかさむため国から兆単位の支援をしてもらいます
・でもボーナスはしっかり出します

ナニこのクズ企業。

一方で、「腐っているのは上層部が大半で普通の社員に責任は無い」というのも理解できる。
それでも現状でボーナスを出すなどもってのほかですし、まず先にやる事があるはず…というのは増税増税言って無駄遣いは減らさない政治家や官僚にも言えることで、東京電力も官僚との癒着が酷いらしいですし、もはや日本の政治の体質なのかもしれません。

というか、一社独占で一方的かつ大幅な値上げとなると「独占禁止法」に引っかかりそうなものですが、どうも電気などの公共事業に独占禁止法は適用されないようです。

使えない法律だこと。

電気料金値上げは先んじて企業向けから開始するようですが、20%も上がったら中小零細の製造業などひとたまりもないでしょう。
円高などで日本離れが進んでいる今日の状況を加速させなければいいが…

ただ一応政府も国民の顔色を伺って「20%値上げ」とはさせないと思います。
…というか、おそらく東京電力側も本当に20%の値上げ出来るとは思ってなくて、はじめに吹っかけておいて10%程度で納得させる作戦のようにも感じます。

もう政府も余計な事しなくていいから、とっとと送電と発電を分離してくれないかな。
こんな腐れ企業が生活に必要不可欠な電気を独占しているかと思うとホント腹が立つ。

…もう一度潰して完全国有化→幹部刷新…とは行かないのかな。



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス