勝手に相場観


2012.01.07  東京電力国有化で発電と送電を分割

今日から3連休なので、家でゆっくりしている方もいればどこかに出かけている方もいるでしょうが、私はガッツリ仕事なので世の中のお休みモードを横目に至ってフッツ〜の日常生活にウンザリ感がモッサリ。

土曜日なので当然市場もお休みですが、経済関連の新しいニュースは曜日に関係なく出てくるので適当にチェックしてみると、目に留まるのは結局「東京電力」な訳で、こっちもウンザリ感がモッコリ。

という訳で、時事コムからパク…お借りした記事をイッパツ↓

政府が東京電力を分割する方向で調整に入ったことが6日、分かった。東電と原子力損害賠償支援機構が3月に策定する「総合特別事業計画」に、発電・送配電事業の分離など電力改革に取り組む方針を明記するよう要求。併せて、東電の過半数以上の株式を取得、実質的に国有化することで、電力会社が電力の生産・供給を独占的に行う業界の構造改革に向けて「新生東電」を推進役とする方針だ。

東電分割を政府が求めるのは、東電の経営体質が大きく変わったことを明示し、税金投入や電力料金の値上げに対する国民の理解を求めるのが狙い。電力業界の中心的存在だった東電を先頭に、電力改革を推進する思惑もある。

東電は福島第1原発事故の処理や損害賠償、原発停止による火力発電の燃料費増加で財務体質が著しく悪化。2011年9月末の純資産は1兆円を割り込んだ。現状のままでは債務超過に陥る可能性があり、廃炉や賠償作業を着実に続けるには、東電の資本基盤強化が不可欠となっている。

このため、政府は原賠機構を通じ東電に1兆円超規模の公的資本を注入することを検討。併せて、金融機関による同規模の新規融資と、東電の電気料金の値上げ、柏崎刈羽原発(新潟県)の運転再開も進めることで、同社の収益基盤を改善する枠組みを考えている。


去年12月8日の記事でも政府による1兆円規模の資本注入について書きましたが、今回のニュースでも「完全国有化」ではなく「実質国有化」であり、あくまでも国は東京電力を潰さず発電と送電の分割などで「改革している印象」を与える作戦か。

しかもこのニュースでは発電と送電の分割は「税金投入や電気料金の値上げに対する国民の理解を求めるため」との事ですが、いまだに出ている東京電力のボーナスや高い役員報酬、社員給与の削減については何も触れられていない。

この辺、大した無駄の削減もせず増税増税言っている政府の対応と重なる。
東京電力内には上記報酬やボーナスの問題以外にも今までの取りすぎた電気料金や保養施設など是正しなければならない問題が山ほどあるのに、まず資本注入や電気料金値上げありきで話が進んでいるあたり、政府のやる事は所詮そんなもんか。


それで今の東京電力の腐りきった経営陣はどうなるのだろう?
当然刷新してくれるんだろうね?

しかし元から公共性の高い電力事業が実質国有化か…
今でも省庁と東京電力の癒着はかなりのものらしいですが、実質国有化されれば天下りし放題で官僚もウハウハか?

そもそもJALのように完全国有化で100%減資にしない理由はなんなのでしょうか?
普通の民間企業であれば確実に倒産するような事態ですし、国が支援するとしても一度倒産させて経営陣や企業体質を刷新したほうが良い気がするのですが…どうもこの辺に色々な大人の事情が見え隠れします。

東京電力の大株主は金融機関や保険会社、東京都などですが、この辺に敵に回したくない存在があるのかな?
まあ政治家の行動はすべて「票」のためと言いますし、何かあるんでしょうね〜。

腐ってるねぇ…



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス
]