勝手に相場観


2012.01.14  欧州9ヶ国格下げの詳細と意図

また来たか…格付け会社のクソッたれが…

もう面倒なのでとりあえず日本経済新聞から抜粋↓

米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は13日、ユーロ圏9カ国の国債格付けを1〜2段階引き下げた。債務危機へのユーロ圏の対応を不十分と判断したため。フランスとオーストリアは最上級「トリプルA」格付けから転落した。ユーロ圏全体の信用力が低下し、危機の解決はますます難しくなっている。
欧州9ヶ国 格下げ
トリプルAの格付けだったユーロ圏6カ国のうちフランスは「債務の大きさと硬直的な労働市場」を格下げの理由とした。オーストリアは「イタリアやハンガリー関連の取引で銀行が損失を被り、政府の支援が必要になる」ことを懸念した。

残る4カ国の格付け見通しで「安定的」としたのはドイツだけ。オランダやフィンランド、ルクセンブルクは「ネガティブ(弱含み)」とした。2年以内に3分の1の確率で格下げする可能性があることを意味する。

財政悪化に苦しむ南欧でも格下げが相次いだ。イタリアは「トリプルBプラス」まで2段階下げられ、欧州連合(EU)などから金融支援を受けるアイルランドと並んだ。欧州以外ではタイや南アフリカ、カザフスタンが同じ水準だ。

ポルトガルとキプロスはそろって2段階引き下げ、それぞれ「ダブルB」「ダブルBプラス」と投資不適格とされる水準にした。日本と同じ「ダブルAマイナス」だったスペインは「シングルA」に2段階下げた。

当サイトでは何度か格付け会社に否定的な記事を書いてきましたし、これから書く事も2、3度書いた気もしますが、書かずにはいられないのでボケ老人と言われようが何度も同じこと書いちゃうぞ。

どうせオマエラ裏で大々的なインサイダー取引してるんだろ?

世界経済は今の欧州債務問題による信用不安や金融不安を極めて懸念しており、株安や円高はもちろん相場や経済全体が心理的にネガティブになりがちで、それらから引き起こされる様々な損失は筆舌に尽くしがたい。

真っ当に政治を行っている者、真っ当な経営者や従業員ならば現在の欧州債務問題は一刻も早く解決して欲しいであろう問題のハズですが、格付け会社はそれを分かった上で明らかに意図的に不安を増幅させようとしているとしか思えない。

欧州債務問題が少しずつですが解決に向かって多少なりとも市場に安心感が生まれ不安が薄れてくると定期的に「格下げ」という爆弾を投下し、市場を混乱させ相場を押し下げようとしているように見えるのは私だけでしょうか?

その裏で事前に繋がりのある機関投資家や大口の客に口添えし、格下げ発表前に売らせておく…なんて朝飯前な訳で、それならば格付け会社がいちいち不安を煽ってくるのも頷ける。

そもそもたかだかアメリカの一民間企業が「格下げ」とか言っているだけなのに世界規模で市場が反応するっておかしくないか?
それほどの信頼性の高い裏付けに基づいた格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)やムーディーズ、フィッチあたりはすると言うのでしょうか?

今回のような国債に限らず「格付け」とはそれを行う人間のさじ加減ひとつで如何様にもなるので、これほど胡散臭いものもなかかな存在しない。

それでも需要があるから存在するのでしょうし、言ってみれば暴力団やマフィアとかと同じように「必要悪」という事なのでしょうか。

もちろんそれら「必要悪」を求める人間はほんの一握りで、大半の人間にとっては迷惑でしかない事は言うまでもありませんがね。



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス
]