勝手に相場観

2018.05.15  米長期金利3%超えでドル円110円突破なるか?

今日の日経平均株価の終値は前日比47円安の22,818円。

NYダウが堅調に推移し米ドル円相場も110円を伺う展開ながら、日経平均株価は23,000円という節目を前に利益確定の売りに押された格好でしょうか。

ただ、懸念されている米中の貿易摩擦を協議するために中国の副首相が訪米するなど改善に向けた動きもあり、状況としては決して悪くない印象。

米長期金利が3%を超えたことから円安に振れやすい状況で、ドル円110円は時間の問題と見られます。110円のラインには相当な数のドル売りが控えているだろうが、ここさえ突破してしまえば円安に弾みが付く可能性も。

この状況に乗り遅れまいと私も今日株を買ったよ。

住友重機械工業

思いっきり含み損だがな。

最近は購入してもすぐに含み益になり早々に利益確定する状況が続いていたが、やっと平常運転に戻った感じ。買ってすぐに含み損になって「ぐあー…」ってなるのが通常のパターンだからな。

そのほうがお前らも安心して見ていられるだろうよ、ド畜生。

今回は珍しく順張り気味の購入。75日線を上抜いていたこと、25日線と75日線の中期的なゴールデンクロスが近いことなどが購入理由。さて、どうなるやら。

今後の相場のカギはやはりドル円。現在109.9円程度の米ドル円相場が110円をしっかりと超えられるかどうかが今後の株式相場を左右すると見ていいでしょう。

一方で長期金利が3%に乗せたことで米株価の下落も気になります。現在のNYダウ先物は100ドルほど下げているし。

とはいえ、ここ数日は米長期金利が上昇傾向だったにもかかわらずNYダウは8日続伸しています。なんだかんだで米市場は金利上昇を織り込みつつあるのかなーという印象。

懸念は米中の貿易摩擦に関する協議の行方か。

ここで双方が歩み寄りを見せれば相場にとってプラス材料になるものの、再び物別れに終われば株価やドルの急落も考えられます。当面目立った大きな材料は見当たらないだけに、この動きによって大きく動く可能性も否定できません。

一方、テクニカル的には日経平均株価、ドル円共に堅調で、上値を切り下げ下降トレンド気味だったNYダウもトレンド転換の様相を呈するなど好転しており、不安材料はあまり見当たりません。

しかし日経平均株価23,000円やドル円110円のラインでは戻り売りが想定される…ここでもたつくようなら失望売りで下落することも考えられるでしょう。

とりあえず騰がってくれ、私のために。…いや、日経平均株価やドルは下げてもいいから住友重機械工業だけは上げてくれ。(クズ)

重要なお知らせ

2011年5月から丸7年にわたって運営してきた「株式投資の全て」ですが、検索最大手Googleの対応やコンテンツの古さも相まって去年あたりからアクセス数減少の憂き目にあっています。

最近は下げ止まりを見せているものの低空飛行と言わざるを得ません。

そこで重大な決断をいたしました。





当サイトは近日中に従来の「http://kabuzen.com」から「https://kabuzen.com」に変更いたします。ようは常時SSL化。

…だからどうしたという話である。

近年はサイト訪問者の安全を最優先しようという流れから、セキュリティが高いhttps化の流れが加速しており、多くのサイトで実施されています。Google様もそうしろとおっしゃっている。

当サイトとは別に私が運営する薄毛関連のサイトなどではすでに実施しているものの、私が保有するサイトの中で最も古いこのサイトは無駄にページ数が多く造りも古い。作業が多くなりそうという理由から「めんどくせ」と先送りにしていました。

ただ、時代の流れには逆らえないのかなと。

これでアクセスが増えるわけではないだろうが、状況的に実施せざるを得ないというのが本音になります。

これまでのhttp://kabuzen.comにアクセスしてもhttps://kabuzen.comに転送される設定になるため、訪問者に方々が意識する必要はないと思われます。しかしトラブルや作業の見落としなどで万が一アクセスできない場合はhttps〜のほうでアクセスして頂ければ幸いです。

早ければ今日。遅くとも数日中には移行する予定です。…めんどくせぇ…



あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス