今日の勝手に相場観


2016.09.24 日米会合受けた9月5週の予想

21日の日銀金融政策決定会合発表後こそ102円台半ばまで円安が進んだものの、東京市場が閉まった直後から円高が進みFOMC前後には100円台前半まで円高になっていたドル円。

日本では22日木曜日が秋分の日で祝日だったため、東京市場が動かない中で「ドル円100円割れるんじゃないだろうか…」とハラハラしながら見ていましたが、とりあえずギリギリ100円を死守した後はじわりと円安に振れています。

そのおかげもあって秋分の日明けの23日は大幅下落は避けられたものの、一日の値幅は83円と狭く動意に乏しい展開となりました。

金曜日までのドル円100円割れと日経平均株価の大幅下落は避けられたのでホッとしておりますが、その夜のNYダウは原油安などの影響によって131ドル安と大幅下落で、せっかくドル円相場が101円くらいまで回復したのに月曜日の日本株には暗雲が立ち込めています。

サイトマップ


株式投資の基礎
株と投資と経済と
勝手に相場観
2011年
1月
2月
3月
4月


総ページビュー
ユニークアクセス