株式投資とはどんなもの?

株式投資の基本を知ろう

株式投資とはなんだろう?

それはズバリ、株式投資とは株を売り買いする投資方法です。

んな事は分かってるって?
…でも簡単に説明するとどうしてもこうなってしまいます。

詳しく言うと株式投資とは株式会社が資金調達のために発行した株式を証券会社を通じて証券取引所で売買する投資法です。

株式投資で目指す事はすごく単純で、実際に株を売買する現物取引なら安い時に株を買って、株価が上がったら株を売る事で利益を出す…ただこれだけです。一方、お金や株を借りて取引する信用取引は、現物取引と同じように安い時に買って高い時に 売るか、もしくは高い時に売って安い時に買い戻すか…の二択になります。

株式投資の大きな目的は売買による差益ですが、そうやって差益(キャピタルゲイン)を狙う以外にも、カリカリと値動きを追うような事はせず、 長期にわたって株を保有し続け株主優待や配当を安定して貰う、いわゆるインカムゲインを狙うという方法もあります。

しかし、やはり株式投資の最大の魅力は大きな値動きによる差益にあると思います。

株式投資は色々な投資の中でもハイリスクハイリターンの部類に入り値動きも大きくなります。値動きが大きいという事はそれだけ大きな利益を狙えるということになりますが、値動きが大きいという事は当然“損をする時も大きい”という事でもあります。

株ってどんなもの?

ちなみにこの「株」、投資をしていなくてもニュースなどでよく耳にする言葉だと思いますが、具体的にどんな物なのか理解している方は結構少ないのではないでしょうか?

具体的には次のページの「株とは? 意外と知らない株の真実」で触れていますが、「株」というのは乱暴に言ってしまえば“会社の権利を細分化したもの”で、つまり会社の一部。

基本的に株式会社は会社を立ち上げる時や証券取引所に上場する時などに株を発行し投資家などに買ってもらって資金を調達します。ですから私達がすでに上場済みの株を証券取引所などで売買しても直接企業にお金が入る訳ではなく、あくまでも「投資資金を肩代わり している」という事になるのです。

そう聞くと株の売買や、それに伴う株価の上下動はあまり企業には影響が無さそうに聞こえますが、実は株価が高くなると企業には色々なメリットがあり、当然企業としても株価は高いに越した事はありません。

この辺の話は“株価が企業に与える影響”で説明させてもらいます。

株式投資は決して“悪”ではない

日本という国は経済大国のわりに投資に対する意識は低く、一般的に「株」というと「危ない物」「ギャンブル」といったイメージがいまだ根強くあるようです。

しかし株式投資は重要な経済活動であり、当然後ろめたい事は全くありません。

むしろ私的には「日本人は時間と金を無駄にするパチンコは大好きなのに、なんで経済活動の一環である投資には否定的なんだろう?」 と不思議でしょうがない。

これも別の項目、“投資とギャンブル”で詳しく書いていますが、パチンコや競馬といったギャンブルにお金を使うくらいなら投資の方が経済や世界情勢の勉強にもなりますし、遥かに有意義で勝率も高いのですが…それを考えるだけの思慮深さがあればパチンコなどしないですよね。

もちろん投資は極めて奥が深く、そう簡単にポンポン利益が上がるものではありません。しかしやってみる価値は十分にありますし、何よりこれほど経済の勉強になる事もなかなかありません。

真面目に投資に取り組んでいれば、おのずと経済のニュースなどにも敏感になり、今まで経済の「け」の字も興味の無かった人間が新聞の経済面なんかも読むようになったりするから恐ろしい。(経験談)

お金の力は偉大ですね。

関連記事

あわせて読みたい関連記事



総ページビュー
ユニークアクセス