経済指標や指数を使いこなす

  投資をする上で絶対に覚えておくべき指標・指数

株式というのは企業が発行するものですので、企業の業績によって株価が上下するイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、それは半分正解で半分は間違っています。

というのも、企業の業績はあくまでも過去のもので、先行きを読むには企業の動向や経済に関するニュースなどを注視する必要があります。

そんな中で特に重要になるのが各種経済指標や指数です。

これらは非常に多種多様で、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)から各国の株価指数、為替相場、雇用統計、消費者物価指数をはじめとした指標も含まれます。

株価というのは先行指標と言われ、過去の業績よりかは将来の業績見通しなどを反映する傾向にありますので、それを量るにはこれら経済指標や指数は絶対に欠かせない要素なのです。

ここでは株価に影響を与える各種指標や指数について詳しく取り上げていきますので、これからの株式投資に役立てて下さい。

経済指標・指数の記事

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

10MTVオピニオンの詳細

関連記事

あわせて読みたい関連記事



総ページビュー
ユニークアクセス