追証を食らい信用取引停止から復活まで

  株価の急落により食らった追証

2015年8月からの株価急落により私が信用取引で保有していた8000株の商船三井も急落し、SBI証券で追加証拠金(追証)が発生してしまいました。

その画面がこれ。

SBI証券で追証発生

SBI証券では委託証拠金率が20%を切ると追証が発生します。

しかし追証が発生した翌日に株価が大きく上昇し委託証拠金率が20%以上に回復したため「まあ大丈夫だろう」と放置していたのですが、証拠金率が20%を回復しても一向に赤い表示が消えない。

ああ、そういえば一度発生した追証はその後株価が回復し委託証拠金率が20%を回復しても振り込まなければならないだったっけ」という事を思い出したものの、上記の「解消できない場合は、発生日より起算して4営業日目に全建玉を反対売買にて決済いたします」という文字を見て取った行動は…

信用取引で購入した8000株の商船三井をすべて損切り。

証券会社に先立って信用取引の建玉を自ら損切りしてしまえば追証もクソもないだろうと判断しすべて損切り、そしてその次の日にログインしたら確かに赤地の文字は無くなっていたものの、変わりに下図のような黄色地の警告が。

SBI証券の預り金不足

「もうすでに建玉は無いんだから預り金不足とか意味分からん」という思いと、すべて損切りしたことによる損失の大きさのショックから数日間SBI証券にログインしませんでした。

  なぜか新規建が出来なくなっていた

数日して忌まわしい黄色が解消されただろうと思い口座を見てみたら…

追証を放置

ん?

何が起きたのかよく分かりませんが、もしかしたら信用取引の決済後、株の受け渡しなどのタイムラグで口座に反映されるまで4営業日かかるため、預り金不足解消の期限に間に合わなかったという事なのだろうか?

「追証が発生した後すべて損切りし建玉を解消したのだから何が問題あるんだ?」

…というのが本音であるものの、やはりこういった業界は“信用”が何より重要であり、期限までにお金を振り込まないヤツは信用できないという事なのでしょう。

とにかくこれによって私はSBI証券で信用取引が出来なくなってしまったらしい。

  信用取引口座継続の意思確認により復活

2015年8月からの急落に見舞われる少し前に私はSBI証券より手数料の安いライブスター証券にも信用口座を開設しており、しかもそちらの方に多くの資金を投入していたため「別にSBI証券で信用取引出来なくてもいいか」と放置していました。

しかしログインするたびに出る黄色が目障りなので少し調べてみたら信用取引が停止されても、その後意思確認が行われるという情報を目にし、SBI証券の「当社からのお知らせ」を見てみたら確かにそんなお知らせが来ており、それが下図になります。

信用取引口座継続の意思確認

これに気づいたのは受け取りから2ヶ月ほど経った12月の事で、とりあえず「継続希望」のボタンを押しておきましたら、数日後に下の返事が。

信用取引口座継続申込の審査結果

という事でSBI証券の信用取引口座が再び復活しました。

基本的には1、2度追証や預り金不足額の入金が遅れたくらいであれば信用取引口座の再開が認められるようなので、追証を食らった方、預り金不足となった方などは参考にして下さい。

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス