ローソク足の種類:陽線

一口にローソク足と言っても形によって様々な呼び名や考え方があり「この形が出たから転換期だ」とか「この形だから買いだ」といった相場の予測にも使われたりします。

呼び名や形はかなりの数に上りますが、全部覚えるのは大変な上にマイナーなものはウンチク程度にしかなりませんし、あまりに多い知識は逆に混乱を招く恐れもあるので、ここでは代表的なものを紹介していきます。

ではまず始値より上昇して引けた場合に出る「陽線」から取り上げていきます。

陽の丸坊主 まず右の図が「陽の丸坊主」という大陽線で、ヒゲの無い強気一辺倒の陽線です。

ヒゲが無いという事は寄り付きからひたすら上昇して高値引けしたという事であり、相場はかなりの強気と言ってよいでしょう。


陽の大引け坊主 次に同じ大陽線である「陽の大引け坊主」という足。
始値から一度は下げるものの上昇に転じて高値引けするとこのローソク足になり、これも強気を示します。

一度値を下げた後力強く上昇した形で、下げが続いた時に出ると特に強いとされる。


陽の寄付き坊主 続いても大陽線である「陽の寄付き坊主」。

ある程度上昇を期待できるが、一度高値を付けてからの下落であるため注意が必要です。

上ヒゲが長いようなら特に注意したほうがいいでしょう。


コマ(陽線) これは「コマ(陽線)」と呼ばれるローソク足です。
一応値を上げて引けているのですが、相場に迷いがあり神経質な動きをしています。

これからの動きが読みづらいので、これが出たら少し様子を見たほうがいいかもしれません。


カラカサ(陽線) 次は「カラカサ(陽線)」です。
下ヒゲを大きく伸ばしている事から、一度大きく値を下げた後に上昇に転じ、終値は始値を上回っている形。

相場の転換期を示すとされ、安値圏で現れたら上昇のサインですが、高値圏で現れたら反落を示唆します。


トンカチ(陽線) 続いて「トンカチ(陽線)」です。
上ヒゲが長く、一旦は大幅高になったものの、その後売りに押され上げ幅を縮小した形。

カラカサ同様相場の転換期を示すとされ、高値圏で現れたらそこが天井で下落に転じる可能性が高いと言えます。


トンボ お次は「トンボ」です。

始値と終値があまり変わらないが、値動き自体は大きく下ヒゲを長く伸ばした形で、相場の転換期を示唆しているといわれます。

これが出たら注意深く見て行きましょう。


「陽線」についてはザッとこんな感じでしょうか。
一口に陽線と言っても様々な形があり、その形によって示唆するものが違っている事がお分かり頂けたと思います。

次のページでは「陰線」を解説していきます。

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

10MTVオピニオンの詳細

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス