特定口座と一般口座

前のページで口座開設の流れを説明したが、ここではその際に選択しなければならない“特定口座”について書いていきます。

証券会社に口座を開設する際、特定口座に申し込むかどうかの選択をしなければならないのですが、証券会社の口座開設が初めてという方は「どれを選択すればいいのだろう?」と悩んでしまう事が多いでしょう。

実際私も初めて口座を開設した際、申し込み用紙に記入していた手が特定口座の選択の欄でピタッと止まってしまい、とりあえず記入は後回しにしてネットで調べまくったものです。

まず特定口座を開設するか、一般口座にするかの選択をする訳ですが、特定口座を選択した場合さらに「源泉徴収有り」と「源泉徴収無し」を選ばなければならない。
つまり…

・一般口座
・特定口座(源泉徴収有り)
・特定口座(源泉徴収無し)

…の3つから選べという事になります。
ではまず特定口座の説明からしていきましょう。

特定口座とは簡単に言うと、証券会社が一年間の売買損益を計算し「年間取引報告書」を作成して、翌年の1月末までに郵送してくれるというシステム。

株取引では利益が年間20万円を超えたら確定申告の義務が生じますが、その際必要になるのが「年間取引報告書」です。
一般口座ではこの年間取引報告書を自分で作成しなければならないのですが、これがかなり面倒なのです。

一年間の取引毎の金額、損益を計算し、トータルの合計を出さなければならない。
中長期トレードメインで年に数回の取引しか行わないのであればまだしも、デイトレードなどの短期トレードメインで年間数百回、数千回の取引を行う方であれば、もはや自作は不可能と言っても過言ではないでしょう。

その点、特定口座であればその面倒な「年間取引報告書」を証券会社の方で作成、郵送してくれるので、確定申告の負担は相当減る事になります。
もっと負担を減らしたいのであれば「源泉徴収有り」を選んでおけばいいのですが、その辺は次のページで説明します。

なんか色々ヤヴァイ事を考えているならまだしも、真っ当に株取引を行おうというのであれば一般口座はあまりメリットが無いと言えるでしょう。

では次のページで特定口座の「源泉徴収有り」と「源泉徴収無し」について詳しく説明します。

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス