ローソク足の種類:陰線

前のページの陽線の説明に続いて、ここでは陰線について説明します。

「陰線」は始値より終値が安かった場合に用いられる線で、基本的にはネガティブなものが多いのですが、形によってはこれからの上昇を示唆するものもあるので、そういったものが現れた場合は注意深く相場を見て行きましょう。

陰線が並んでいるからと値下がりを警戒するのも立派な投資法ですが、その形によって臨機応変に対応できれば投資の幅はぐっと広がるでしょう。

陰の丸坊主 まずは大陰線「陰の丸坊主」。

ヒゲが無く、その日の高値から始まり安値で引けている極めて弱い線です。

完全に売りが優勢な線ですので、空売り以外はあまり手出ししない方がいいかもしれません。

陰の寄付き坊主 これは大陰線の「陰の寄付き坊主」という線で、基本的に弱気な線ですが、下ヒゲがあり下落後ある程度戻している事から、下値を暗示している場合があります。

安値圏でこの線が出たら反発のサインとも取れます。



陰の大引け坊主 次は大陰線の「陰の大引け坊主」で、 上ヒゲがある事から寄付き後一度は上昇するものの売りに押されて安値引けとなり、下ヒゲの無い形になります。

値上がり後に再び売られている事から上値の重さが意識され、今後も値下がりが続く傾向にあります。


コマ(陰の極線) 続いてはコマ「陰の極線」です。
「陽の極線」同様、市場に迷いがあり方向感が定まっていない状況で、動きが読みづらい線とも言えます。

方向感が定まらないため、これが現れたら様子を見たほうがいいかもしれません。


カラカサ(陰線) これは「カラカサ(陰線)」と呼ばれるもので、長い下ヒゲを見ても分かる通り一旦は大きく値を下げるものの、その後上昇に転じて下げ幅を縮小した線です。

「カラカサ(陽線)」と同様安値圏で出たら上昇のサインといえるでしょう。


トンカチ(陰線) お次は「トンカチ(陰線)」です。
上のカラカサとは逆の形で、上ヒゲが長く寄付き後大きく上昇したものの売りに押されて結局安値引けという形です。

売り圧力が強く、高値圏で現れたら下落のサインである場合が多いので注意が必要です。

トウバ(塔婆) 最後は「トウバ(塔婆)」といわれる線で、転換もしくは保ちあいを示唆しています。

ただ大幅高後に大きく売られている事から、どちらかというと売り圧力が強く高値圏で現れたら下落のサインの可能性が高いでしょう。


陰線の紹介はこんなものでしょうか。
陰線というと「売りが強い」イメージがありますが、下ヒゲの長いものは上昇への転換を示唆している場合も多いので注意深く見ていきましょう。

では次のページでローソク足の応用を実際にチャートを使いながら説明していきます。

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

10MTVオピニオンの詳細

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス