ローソク足のまとめ

ローソク足の過信は禁物も分析の精度は高める

さて、ここまで4ページに渡ってローソク足について書いてきましたが、いかがだったでしたか?

これまで紹介したローソク足の分析は基本に過ぎず、それらを応用した様々な分析法があり書籍なども沢山出ており、個々の専門家の方々が独自の分析などを紹介しています。

これだけ活発に行われているローソク足分析はそれなりに信用に足るものですが、ローソク足の分析単独では限界があるでしょう。
できれば他のテクニカル分析と併用する事をオススメします。

数多くの投資家の方が使っている短期移動平均線と長期移動平均線を用いたもの、一目均衡表やMACDなどでもいいでしょう。ローソク足分析は他のテクニカル分析と併用する事によってその精度を高めるのです。

一度証券会社のサイトなどで様々な銘柄のチャートを眺めてみて下さい。

ローソク足単独で見ると前のページで挙げてきたセオリーがあまりあてにならない事に気が付くと思います。

もちろん他の分析を用いても外れる事は日常茶飯事で、「相場に絶対はない」とよく言われるように、どんな優れた分析を用いても往々にして相場は裏切るものです。

分析とは「勝つ確率を1%でも上げる」行為であって、常に勝ち続ける事など不可能なのですから、その確率を少しでも高めるためにローソク足分析以外にも得意なテクニカル分析をいくつか身に付けておきましょう。

ローソク足と相性の良い分析は?

テクニカル分析自体は非常の多く存在するものの、あまりに多くの分析を併用してしまうとそれぞれで分析結果が違ってしまい、かえって方向性を見失ってしまう可能性があります。

そういった事を踏まえローソク足を用いた分析に合う他の分析を考えると…

ローソク足自体の形や複数の組み合わせから相場の強弱や傾向・方向性を読み取るという非常にシンプルなものなので、私はこのシンプルさ、手軽さを最大限に活かすためにも王道かつ視覚的にも分かりやすい一目均衡表移動平均線を用いた分析との併用をおすすめします。

これらは単純であるがゆえに昔から世界中の多くの投資家に愛用されており、だからこそこれら分析による動きが意識され結果信頼性を高めています。

初心者の方にも分かりやすいですし、熟練した投資家の方が求める信頼性という面でも他の分析に遅れをとるものではなく、ここに「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する騰落レシオやRCI、RSIあたりのいずれかを組み合わせればより良いと私は考えます。

プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス