ライブスター証券の特徴や手数料


最近よく聞く証券会社の一つにライブスター証券(旧アイディーオー証券)があります。
私が株式投資を始めた頃には存在すら知らなかった事を考えても、おそらく比較的最近注目を浴びだした証券会社なのでしょう。(私が知らなかっただけ?)

ちなみにライブスター証券はアイディーオー証券が2011年7月3日に社名変更したものです。

で、ライブスター証券と言えば業界最安値レベルの手数料が有名なので、まずそちらから見てみましょう。

アイディーオー手数料

確かに安い。

かつて業界最安値を誇り、口座開設数を伸ばしたSBI証券よりもさらに安く、これは大きな武器と言えるでしょう。
ではそれ以外のサービスに目を向けてみましょう。

真っ先に気になるのがトレーディングツールである「ライブスター・トレーダー」の使い勝手で、良い点はSBI証券の「HYPER SBI」や楽天証券の「マーケットスピード」などの有名ツールは基本的に有料ですが、ここの「ライブスター・トレーダー」は完全に無料である点です。

で、肝心の使ってみた感想ですが、私はSBI証券の「HYPER SBI」をメインに使っているせいか、ずいぶん戸惑ってしまいました。
まだ使い込んでいないので詳しくは分かりませんが、評判などを調べてみると「HYPER SBI」や「マーケットスピード」に比べるとやはり安定性や信頼性に欠ける面があるようです。

この辺は今後に期待といったところでしょう。

他のサービスに目を向けると…夜間取引は無し。
IPOに関しては、一応何度か取引実績はあるようですが、ほとんど行っていないのが実情のようなので、あまり期待はしないほうがいいでしょう。

逆指値などの注文方法はしっかり揃っていて、条件付注文などが豊富なのは○。


・まとめ

・手数料は業界最安値クラス
・トレーディングツールである「ライブスター・トレーダー」は無料だが、使い勝手は多少劣る
・夜間取引は無し
・IPO取引は一応行っているが数は極めて少ない


総ページビュー
ユニークアクセス