頭と尻尾はくれてやれ

たい焼き 株式投資においてとても有名な格言の一つ。

投資家、とりわけ個人投資家はとかく底値で買って天井で売る事にこだわる傾向にありますが、実際それは不可能に近く、底値で拾おうと考えるあまり買い時を逃したり、天井で売る事にこだわり売り時を逃したり…

底値と天井を見極める事など、どんな優秀な投資家でも無理なのですから、それにこだわりチャンスをみすみす逃すくらいなら多少底値より高く買って、多少天井より安く売ってもいいじゃない…という、ある意味とても実用的な格言。

まあそれが分かっていても1円でも安く買って1円でも高く売りたいのが人間の業であり、そして撃沈するのが人間の常である。 by私

実際取引の上手な方はまず天井で売ろうとはしません。
しかも天井を確認してから売るのではなく天井の前に売ってしまう場合が多いように感じます。

様々なチャートを眺めているとよく目にすると思いますが、天井を付けた株価というのは一気に下がる場合が多く、そうして売り時を逃し利益を吹き飛ばす事ほどもったいない事はないので、ホドホドに上がった所でさっさと売り抜けるのが賢いやり方なんでしょう。

頭のてっぺんから尻尾の先まで美味しく頂きました…なんて都合よくいかないのが株式市場。
キリキリ1円を追い求めるよりは、ある程度余裕を持って取引した方が、結果好成績に繋がるのかもしれません。

投資のプロである機関投資家などは、取引の多くが順張りだと聞いた事がありますが、順張りは上昇トレンド中、もしくは上昇トレンド入りを確認してから買う投資法なので、正にこの「頭と尻尾はくれてやれ」を地で行っています。

大幅に下落している相場を見ると、つい「さすがにここら辺で下げ止まるだろう」と買ってみたくなりますが、それは「逆張り」で、いわゆる「落ちているナイフを素手で…」という状況なので、あまりオススメしません。

「頭と尻尾はくれてやれ」

そのくらいの余裕を持って取引しましょうね。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス