買い二分に売り八分

買い二分に売り八分 これは投資においていかに“売り”が重要かを説いた格言。

言うまでもなく「株式の売買一往復を十分として、そのうち“売り”の重要度は八分だよ」と仰っているわけで。

もちろん“買い”を疎かにしてはダメですが、多少の失敗買いは売りの上手さで切り抜けられます。
逆を言えば、どんなに良いタイミングで買えても売りのタイミングが悪ければすべて台無しになってしまう。

これは利食いに限った事ではなく損切りにもあてはまり、いかに最小限の損失で売り抜けられるか…というのは投資においてとても重要です。
事実、塩漬けだらけでにっちもさっちもいかない人はいっぱいいるからね。

…ん? じゃあ偉そうに言うお前はどうなんだって?

HA HA HA HA、私は色々アレですザマスアルよ〜!

…まあアレだ、私の場合適度に塩漬けして、いい感じに損失が膨らんできた所で売って、その後上昇したり、値上がりしたり、暴騰したり…

…くぅ…ディスプレイがにじんで見えるゼっ!!

…そんな冗談めかした真実はさておき、投資をやっていれば嫌でも“売り”の大切さが分かってくるでしょう。
基本は「欲張りすぎず、でも焦らず」なのですが、これを実践するのは正直至難の業です。

常に勝ち続ける事はどんな著名な投資家にもできない事ですが、勝つ確率を上げる事はできます。
つまりそれが「売りのタイミングを見極める」という事。

売りの重要性を説いた格言が多い事からも、いかに“売り”が大事かが伺えます。
売り上手になる事が投資で利益を上げる第一歩であり、最終到達点とも言えるでしょう。


まとめ

・買いの失敗は売りでフォローできる
・売りの失敗は売買すべての失敗である
・売ったあと値上がりしても泣かない

関連記事

あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス