押し目待ちに押し目なし

押し目待ちに押し目なし 「押し目待ちに押し目なし」とは右の色々悲惨な自作絵のように、上昇相場において一時的な下げである押し目を待って買おうと思っていても、そう都合よく押し目はやってこないという意味。

どの程度の押し目を期待しているかにもよりますが、投資の基本は「順張り」なので、上昇相場には多くの投資家が乗っかってきて思うように下がらずどんどん値が上がっていくことも多く、押し目を待ちでチャンスを逃す事もしばしば。

そしてある程度大きな下落があり「押し目だっ!!」と飛びつくと上昇相場は終わっていた…なんて事がよくあるから困りもの。

ただ上昇一辺倒の時に買うのは確かに恐く、私の経験上…

■押し目を待つと下がらない
■押し目を待たずに買うと、すぐに押し目がくる

「もしかしたら私は巨大な株式市場をも動かすほどの影響力を持つ押し目メイカー(?)なのでは?」と錯覚を起こすほどの凄腕っぷり。

確かに保有銘柄が無い状態でガンガン上げていかれると損した気分になりますが、個人投資家の投資スタンスは「負けない事」を最重要にするべきだと私は考えており、「買えなくて損をした」と思うのではなく「少なくとも損はせずに済んだ」と考えるように心がけていますけど無理。

だってやっぱ悔しいじゃん

…なんか身も蓋も無くなってしまいましたが、押し目を待つ場合は押し目と下降トレンドへの転換を間違えないように、押し目を待たない場合は高値で掴まないためにも各種テクニカル分析などをしっかり用いる事が重要です。

ちなみに似たような格言に「戻り待ちに戻りなし」というものもあるので、興味がある方は覗いてみて下さい。

まとめ

■押し目は都合よく来てくれない
■押し目だと思って買ったら上昇相場終わってた
■「私の買いが上昇相場を終わらせたゼ!」とかアホで壮大な勘違いをしない

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス