押し紙とチラシの関係

前回新聞業界全体の押し紙の割合は3割〜4割前後で、この押し紙によって各新聞社は公称部数と広告掲載料の維持を図っていると書きました。

これ、ハッキリ言って詐欺なのですが、実はこういった体質は新聞社だけに留まらず、各販売店でも当然のように行われています。

例えば、ある販売店が毎日新聞を4000部仕入れていたとして、実際に配っている部数は3000部、押し紙は1000部だとします。
新聞には折り込みチラシが付き物ですが、押し紙が1000部もある状態で折り込みチラシの依頼主には何部配っていると申告するでしょう?

もちろん4000部です。

もうお分かりだと思いますが、本社が押し紙によって公称部数を維持し、それによって詐欺まがいの利益を出しているのと同様に、販売店でも押し紙を含めた数を配達部数とする水増しを行い、チラシによる収入を増やしているのです。

まあ詐欺です。

「うちの新聞店は4000部配ってますよ〜」と言って4000部分のチラシ収入を得るのですが、実際に配っている部数は3000部なので、毎日作る折り込みチラシも当然3000部+αです。

では残りの1000部は…?

その1000部がどうなるかはあえて語りませんが、ご想像の通りです。
各新聞社は押し紙によって利益を出し、販売店は押し紙による損失を部数の水増しによるチラシ収入で補っており、結局一番割を食うのはチラシの依頼主という何とも理不尽な状況。
上記の例でいくと刷ったチラシ4000部の内、客の手元に届くのは3000部で、残りの1000部は広告料の払い損だし印刷料も無駄になる。

これらは脈々と受け継がれる新聞業界の悪しき体質で、かつてはタブーとされていましたが、今の情報社会では隠し通せる訳もなく徐々に明るみに出てきました。
それでも世の中の新聞離れを背景に押し紙は増え続け、チラシの依頼主が払う無駄な広告料も増える事になります。

そういう背景もあって最近幅を利かせ始めたのがポスティング業者です。

一時様々なポスティング業者が乱立し、最近は徐々に淘汰されてきた印象がありますが、皆さんの家にも結構な頻度でチラシがポスティングされているのではないでしょうか?

次のページでは新聞の折り込みチラシとは違うポスティングの売りや利益の出し方、そしてやはり存在する公に出来ない裏側まで解説していきます。

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

10MTVオピニオンの詳細

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス